中山で最後の朝日杯

来年から阪神で開催する事で、中山で行われるのが最後となりました。ここは是が非でも取っておきたい所です。予想は武豊騎手が逃げる以上は差し想定で買うべきです。それなりに厳しい流れが予想されます。中山のようなコースでこうなるとダート血統の出番です。特にこの時期はサンデー系の成長が相対的に劣るので早熟のダート血統馬でも十分勝負になるのです。

アジアエクスプレスにも目が行きましたが、ダートしか経験がなく路面適正を証明してない割にはムーアという理由からか人気していたのでおさえでした。本命はダート血統で内枠を引いてデムーロに乗り替わり人気も無かったマイネルディアベルです。

そこまでペースが早くなく4コーナーの侵入でも先行馬が仕掛けなかったので後ろがどっと押し寄せて来ました。マイネルディアベルは内にいたのでそれが致命傷となりました。

勝ったアジアエクスプレスは4コーナーで上手く加速しながら外に出せたのが大きかったと思います。ただ成長力という観点から来年あたりはオープン特別を走っているような気がしてなりません。そして来年の朝日杯からはこういうダート血統馬だと阪神1600では厳しいと思います。ゆえに今年は是が非でも馬券を取っておきたかったのですが、上手くいきませんでした。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ