最初に言っておきますが、時間効率優先の敏腕スロッターの方々はお引き取り願いますw。

かくいう私も時間効率優先のためウルトラマンウォーズばかり打っていてAKB48はご無沙汰しております。ただこの先はどうなるか解らないので取り上げようかと考えました。

ご存知のようにAKB48は即ヤメしても133ゲームまで回しても期待値はほぼ一緒です。
それを何とかプラス100円・200円に持っていくテクニックを今回まとめたいと思います。

基本的なゾーンの終わり方は110ゲーム手前からスタンバイモードに入り125ゲームあたりで決着が付きます。
もちろんそこで即ヤメすればコインを節約出来ます。

一つ注意して欲しいのが前兆中に推しメンチャンスが当たるとスタンバイモード後に放出する事です。ゆえにレア小役を引いた場合は数ゲーム様子を見て下さい。

----------sponsored link----------


モンキーターンと違って

次に110ゲーム過ぎてもスタンバイモードに行かなかった時です。
これは種なしかと思いきや実はアツいパターンとなっています。
150手前で当たっている可能性が高いです。

120ゲームを過ぎると前兆が始まりますので絶対にこのケースは捨てないで下さい。

逆に寒いのは推しメンチャンス後や重力シンパシー公演後に前兆が起こらない事です。
これは20ゲーム~30ゲーム先の種なしが濃厚になります。
ゆえに即ヤメ台を拾って回している際に重力シンパシー公演が始まったらゲーム数を100ゲーム過ぎにしてそのまま待ちましょう。
公演終了後に数ゲーム回せば種なしか種ありかが解ります。

拾う台についての注意

即ヤメ台を拾う場合は必ずその手前の大当たりが何であったかを確認して下さい。

じゃんけんボーナスや神曲ラッシュ後は問題ないのですが、選抜ボーナス後はモード示唆があるので前任者が見切って止めた可能性があります。
そこでデータ表示機を見て下さい。
選抜ボーナスはBIG表記で100枚前後獲得しているかと思います。そういう履歴の台はやめておきましょう。

AKB48天井ハイエナ狙い目

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


[list cat=”134″ num=”5″]