ブログ村強化月間ポチッとよろしくおねがいします。
スロットブログ村日記トラコミュ

既報通りパチンコの新たな規制として

1/400⇒1/320
1回の最大大当たり出玉の1/3以上で、かつ600個以上

となっていましたが、お上に持っていった所「それじゃあ足らんわ」とやっぱり言われたようで、1種2種混合タイプV確ST機についても見直されるそうです。

パチンコ倶楽部様より引用

----------sponsored link----------

 日工組は4日と5日の両日、技術者会議を開催。パチンコの射幸性抑制に向けた具体的な取り組みを議論し、その内容を固めた。関係者への取材でわかった。
 日工組は、会議の経緯を警察へ4日の段階でいったん報告したものの、5日の会議に警察関係者は出席していなかった。そのため、会議に出席していない日工組加盟メーカーへは、未確定の「経過報告」として伝達されていたが、5日の会議終了後に決定事項を同日付の文書としてまとめ、警察にも報告したとのこと。今後、警察と協議し了承を得られれば内規の変更作業に着手する。文書では新基準に適合しない現行機の販売期限を10月31日開店までとした。
 今回の遊技機性能の変更は、日工組としての「のめり込み」対策の一環。大当り確率を現行の2割減となる320分の1までとすることにより、業界の「一次対策」として初回大当りまでの消費金額を抑え、いわゆる「依存症」の発生を防ぐことが狙い。また現行では制限されていない初回大当りの獲得遊技球数の最低限の値を、期待値が6400個を超える機種については、最大出玉の3分の1以上、かつ600個以上と定めた。
 日工組の技術者会議では今後、規制の第2弾として、V‐STタイプなどを可能とするV確変の機能について協議していく方針とのこと。今回の会議では触れられていない同機能に、日工組として何らかの規制をかけるべきか検討する。
 日工組はまた、今回のマックスタイプに対する規制強化と並んで、現行の「遊べる遊技機(遊パチ)」などのジャンルを拡充していきたい考え。現在、「遊パチ」タイプ、あるいは「デジ羽根(デジハネ)」タイプなどと呼ばれるパチンコの大当り確率は一般的に100分の1以上となっているが、これを200分の1以上に区分の幅を拡げ、機種数を増やす。またこの区分に新たな名称をつける予定。日工組が「のめり込み」に対する取り組みを強化していることを、対外的にもアピールしていくことを目指す。

そもそも今の右肩下がりの4円シマの客付きで「のめり込み」が問題になるわけないだろと。
あんな糞釘でも打っているからのめり込みなのかもしれませんがw、それなら釘を曲げる違法行為を取り締まれという話です。

ライトミドルや甘デジが不人気の理由

みんなMAXばかり打って甘デジが人気のない理由は簡単で、アタッカーや電サポの削りが酷すぎて甘デジだと実質的な出玉が酷いからです。
アタッカーや電サポを同じだけマイナス調整した場合、甘デジの方がより影響を受けますが、そこまで考えて調整してないホールも結構あるように思います。
オカルトの大御所谷村先生ですら「甘デジは甘くない」と気づいています。

MAX2000発という名の1850発獲得で、出玉が削られて1700発(´・ω・`)となってもギリギリ1箱出るからまだ我慢できるのです。

大事なのは獲得出玉の分布

例えば競馬だとWIN5という5レース連続で1着を当てれば最大2億円という馬券が登場しました。
しかし、これは資金の循環という点ではよくない馬券です。
大半の人は外れて次の馬券購入費が立ちませんし、2億円当たった人は2億円使いきるまで馬券を購入するわけありません。

そこでJRAは2014年の改革でこのWIN5の払い戻し率を75%⇒70%に下げました。
一方で当たりやすいワイドや馬連は75%⇒77.5%に上げました。
こうする事により客の資金の循環率を上げたのです。

パチンコに当てはめて考えてみると
パチンコを打った結果を大きく4つに分けて
「明日打ちに行く金もないくらい負ける」
「負けたけど明日も打ちに行ける」
「勝ったけど贅沢出来る程でもない」
「豪遊したり何かモノを買ったりするくらいの爆勝ち」
とした場合、ギャンブルの運営として考えないといけないのは2番目と3番目で終える人をいかに多く増やせるかという事です。

一見射幸性が重要のようにも見えますが、大昔スロブロガーニュースでパチンコの心理学の講義というのを紹介しました。

ここで取り上げられているプロスペクト理論の延長線上にある「勝ちダウナー」という状態まで出玉を出す必要はありません。逆に「明日も打ちに行ける」だけの出玉を獲得できる確率を上げる事が重要です。

このような客の資金の循環という概念をパチンコ・パチスロで語られる事はありません。
何故なら客にお金を持ち帰らせても次に自店で勝負してもらえる確証がないからです。
だから抜くだけ抜こうとする。
せっかく大当たりを引いても4Rで500発とかでしたら飲ませて帰る人が多いですよね。
その負の連鎖を止める事が重要です。

一度メーカーは客が何箱から流すかデータを取って「流してもらえる獲得出玉」というのを意識した方がいいと思います。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

当ブログの人気記事