ハープスターは蓋をした先行馬に感謝すべき(桜花賞振り返り2014)

指数・レース内容・血統・調教師・馬場
と死角らしい死角が見当たらないハーブスターの相手を極限まで絞るのが今回のテーマでした。
この馬がぶっちぎると仮定すれば相手はレーヴデトワールになります。
ハープスターに競り負けた馬から走る気を無くすので、馬群突破かハープスターより後ろから競馬をする馬を物色するのがセオリーです。内枠の差し馬ならこの馬以外買えそうなのがいませんでした。

競馬予想TVで水上さんや高柳さん言っていたように突き抜けた馬の後ろで着を拾うのはアメリカタイプではなくヨーロッパタイプです。この馬も母方はヨーロッパタイプでした。ただアメリカの血統が駄目ではなく、3歳春に成長を見せるヘイルトゥリーズン系の血がある事もクラシックでは重要です。こちらもしっかり入っていますのでレーヴデトワールを2着に置くのが事前予想でした。

ところが、馬場はJRAが威信をかけた高速馬場を作ります。
阪神7R1600M1000万クラスのレースを結果を見て、もう一つの可能性を考えました。
ハーブスターが差しそこねる展開です。

このレースは逃げ馬が残ったのですが、その逃げ馬まで33秒台の足を使ってました。
というか上がり最下位が34.1で15頭中14頭が33秒台で上がるという超絶レースです。
32秒台で上がった馬もいました。

ハーブスターがいくら化け物でも31秒台では上がれないはずなので、前目に行ってなおかつそこそこ上がりの足が使える馬なら負かすことが出来ると考えました。
岩田騎手ならこの状況を見逃さないと思ったのでヌーヴォレコルト頭でハーブスター2着という馬券も買いました。

----------sponsored link----------


結果は用意ドンの上がり比べ

フクノドリームがやんちゃに逃げましたが、この馬を除いた実質のペースは7レースと一緒でスローの上がり比べです。
武豊騎手が後ろから行ったのもあるからでしょうが、騎手の意識は後ろに行っていたと思います。

弱い馬が前方で密集して走っていたので3~4コーナーで蓋をした形となりました。
外に出した馬がいち早くトップスピードに乗せられて有利だったと思います。

レーヴデトワールは内を立ちまわったので「4コーナー立ち上がりの加速不足」と「馬群捌きのロス」の2要因で馬券圏内を逃しました。

ヌーヴォレコルトも前が開いたのは坂の手前でした。
それでは遅すぎます。
もう一列前にいて自分のタイミングで仕掛ければセーフティリードが築けたはずです。

ハープスターの乗り方は決して褒められるものではない

最後尾から外を回すのはこの馬の特性なので仕方ないですが、馬場は外伸びではなかったのがポイントです。外差しが決まったのは内が密集して有力馬が加速に手間取っただけで、もう少し縦長になっていれば全く違った結果になったはず。
川田騎手はそのフォローが一切出来ていませんでした。

解説席にいた安藤さんが現役時代ダスカでウオッカを負かした騎乗をパトロールVTRで見て下さい。ウオッカの進路をブロックする気満々の騎乗で、ぶつかってもいます。レッドリヴェールの戸崎騎手が同じ事をしていればハーブスターは負けていた可能性もあります。厳密な事を言えば戸崎騎手も同じ事を考えていたのですが、マーブルカテドラルがいて左方向には進路が取れず、ゴール前で寄せた時には既に横並びで手遅れでした。ハープスターはそういったをブロックを防ぐためにもある程度は早めに上がってレッドリヴェールを外に出さないようにすべきだったと思います。

同じ松田博資厩舎のブエナビスタの桜花賞も見て下さい。道中後ろでも4コーナー手前から早めに上がって行こうとしてますよね(こちらも安藤さんでした)。ただしこの馬はコーナリングに難があり結果的には4コーナーの位置取りが悪くなってしまいました。一方でハーブスターのコーナリング性能は悪くないはずです。折り合いのために後ろに下げるのは解りますが、4コーナー最後尾レベルの遅仕掛けをする必要は何処にもないように思います。

オークスも切る要素はないですが、同じような競馬をしていれば着差がつかず危なっかしい結果になるはずなので2着に負ける前提の馬券もアリです。

----------sponsored link----------

6 Responses to “ハープスターは蓋をした先行馬に感謝すべき(桜花賞振り返り2014)”

  1. くればぁ より:

    こんばんは。

    今回の振り返りはいつにもまして読み応えがある内容でした。更新もレース当日でいつもより早かったですし、なにか熱意のようなもの感じました。(笑)

    今回もハープは強かったですが、毎回凄い末脚を使うので脚元が心配になります。無事に行ってほしいです。

    教授はレースの細かい所まで目がいってますが、レースのVTRやパトロールビデオは何回位見返してるんですか?。

    あと天皇賞、いい逃げ馬が出走してくれればって話でしたが、ビートブラックは引退で、バンデも賞金不足で出れなそうで残念ですね。

    ちなみに今週の皐月賞は枠順次第ですが、今の所アドマイヤデウスを買おうと思っています。

    では失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      確かにハープスターは足元がいつ壊れてもおかしくない感じがします(・∀・)。

      VTRはグリーンチャンネルのレースダイジェストをもう1回見直しでパトVTRは気になった時だけJRAのHPなどで見ています。
      競馬で食べていた時はパトロールVTRも録画して全部見なおしてました。
      普段は復習してから記事を書くので水曜日までに更新する予定なのですが、たまたま日曜夜が暇だったので早めの更新となりました。

      バンデも賞金不足なのですね。
      逆を言えば登録は沢山あってフルゲートになれば荒れやすくなるのでそれはそれで喜ばしい事ですが。

      皐月賞が行われる中山は例年以上に内が荒れているのですが(今週は時計こそ早かったですが)、来週は今回の桜花賞みたいにJRAが内もいい高速馬場を作って来る可能性があります。ただ以前申し上げたように有力馬のコーナリング能力が高いですからそれらの馬が内枠を引かない限りは荒れにくいと思います。まあ川田騎手がトーセンスターダムを意識して仕掛けのタイミングをしくれば内を立ちまわるであろう外人騎手あたりが持っていくかもしれません。

      0
  2. くればぁ より:

    こんばんは。

    回答ありがとうございます。

    レース映像はもっと繰り返し見ているかと思いましたが、意外と少なくてびっくりしました。
    教授の振り返りは、レースの細かい所まで目が行き届いてるので、もう一度見返すだけで詳しい内容が書けるなんて私からしたら絶対無理で凄い事だと思いました。

    たて続けですいませんがもう二つほど質問させて下さい。

    教授は土曜日のレースも馬券を買っているんですか?。

    あと、今週の土曜日は中山GJがありますが、教授は障害の馬券も買われるのでしょうか?。

    以上です。よろしくお願いします。

    では失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      すみません言い方がまずかったです(´・ω・`)。
      ブログで記事を書くレースなら2~3回見なおしてます。
      全レースを見直すのが1回という意味です。
      土・日曜日の馬券両方とも買っていますが、毎週グリーンチャンネルの前で張り付いているわけではないです。
      自分の場合は開催競馬場代わり初日が大勝負というケースが多いので、土曜の朝に5万負けるとそれを取り返そうと熱くなって日曜のメインまでに20万~30万負ける事も過去多くありました。そうないように馬場状態を見極め勝負レースを買い終わったら夜のレースリプレイを録画だけしてとっととスロを打ちに行きます。

      障害は昔研究してましたが、一生懸命予想しても落馬ばっかりで心が折れましたw。
      今では馬券を買いませんしレースVTRも飛ばして全く見ていません。

      0
  3. くればぁ より:

    回答ありがとうございます。

    なるほど、参考になります。

    これからも振り返り楽しみにしています。

    では失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      これからもよろしくお願いますm(_ _)m
      皐月賞も頑張ってください。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ