大阪杯・ダービー卿振り返り2014

キズナとエピファネイアが始動となった大阪杯、まさかのトウカイパラダイスという異物混入事件が発生しました。そういうのは春天でやってくれとw

今回のレースを見る限りキズナとエピファネイアの差は適正の差なので、春天ではエピファネイアの方を上に取りたいです。ここ1年武豊騎手は乗れているので油断は禁物ですが、今年も春天は1番人気が飛ぶと予想します。今回のレースも含めてキズナの走りは春天ではまず通用しません。オルフェやゴールドシップみたいに何処にもいない可能性も十分です。キズナが唯一来れるのは2周目3コーナーで馬群が一塊になった時だけです。今回のような縦長の競馬になれば馬券圏外も十分あると思います。

カレンブラックヒルが強かった

ダービー卿はそういう感想しかないレースでした。3コーナー手前で2番手に落ちた時は「ああもう終わった」と誰もが思ったはず。
普通はずっと並走していた外の馬に交わされたら走る気を失います。ゆえにあそこで引くという選択肢はありません。カレンブラックヒルも走る気を失って騎手が必死に追う事になるのですが、それで差しきってしまうのは珍しいです。

コディーノが力を出し切れるようなコースではないですし、他が弱かっただけという見方も出来ますが、復調は間違い無さそうです。

----------sponsored link----------


----------sponsored link----------

6 Responses to “大阪杯・ダービー卿振り返り2014”

  1. トム より:

    初コメさせていただきます。

    「トウカイパラダイスという異物混入事件」
    痛快な表現ですね!
    僕も大阪杯・ダービー卿は不発に沈みました。
    (そもそも軸がずれてました…)

    「僕と彼女のスロパチ・競馬・欧州サッカー」というブログをやっています。
    よろしければ是非、
    相互リンク・相互RSSをお願いします。
    サッカーという異物混入がありますが、
    ジャンルが共通していて、
    勝手ながら非常に親近感を沸かせて頂いておりました。

    実はかなり前から当ブログには、
    貴ブログのリンクとRSSは設置済みで、
    肝心な申請を怠っていました…w

    ご検討よろしくお願いします!

    サイト名:『僕と彼女のスロパチ・競馬・欧州サッカー』
    URL … http://bokukanonikki.com/
    RSS … http://bokukanonikki.com/feed/

    0
    • メタボ教授 より:

      >>トム様
      相互リンクRSSの申請ありがとうございましたm(_ _)m。
      設置手続きが完了して明日の朝までには反映されるはずです。
      今後ともよろしくお願いします。

      エピファネイアは過去の走りから阪神2000はそこまで向かないと思ってキズナを上に取ったのですが、トウカイパラダイスは何も考えずに切ってしまってました。
      来週からG1が続きますのでお互いがんばりましょう(・∀・)。

      0
  2. くればぁ より:

    こんばんは。

    トウカイパラダイス、展開に恵まれた感はありますが、昨年も強いメンバー相手に4着ですし、人気の盲点だったのかもしれませんね。

    エピファは香港に行くみたいですね。
    春天の事を考えると残念です。

    ショウナンマイティー絡みの馬券を買っていたのですが、どうしてしまったんでしょうねぇ〜。
    まだ状態が戻らないんでしょうか。
    教授は復活はあると思いますか?。

    あと、春天で縦長の展開になるとキズナが馬券外になる可能性があるとの事ですが、もう少し具体的に説明して欲しいです。お願いします。

    カレンブラックヒル、前走の阪急杯の予想TVの時にヒロシさんが◉で、『今回走らなければ終わってるでしょうね』と言ってたことが、ダビ卿のゴール後ふと頭に浮かびました。でも、そんなヒロシさん嫌いじゃないです。
    並走していたわけではないですが、先週の土曜中山10R安房特別のケンブリッジサンも、『あぁ〜もう終わった』ってところから巻き返してきてますね。珍しい展開だと思いました。単勝馬券を買ってた人はさぞ感情の起伏が激しかったでしょうね。

    ちなみに、教授はダビ卿の本命はどの馬だったんですか?。
    私は、ネオウィズダムにしたのですが、少し攻め過ぎたかなと思ってます。

    では、長文失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      くればぁ様
      ネオウィズダム私も本命でした。
      厳しめの流れを想定したので内をしっかり立ち回れる馬を買いたいと物色しました。
      ダービー卿なんて人気馬という理由だけで消していいと思っていますからw指数が許容範囲なら2桁人気でも気にせず買います。

      ショウナンマイティは全く問題無いと思います。
      展開さえ向けば安田記念も馬券圏内あると予想します。
      この馬は足を溜めて残り600からトップスピードに乗せるタイプなので、内を立ちまわるという今回の戦法は向かないと思うからです。
      着差もキズナに早めに交わされた事を考慮すると許容範囲内だと思います。

      キズナを買わない理由は京都外回り適正です。京都の外回りは残り800M~500Mの下り坂区間を手綱を引かないとオルフェやゴールドシップのように足がバタバタになります。下り坂を全力疾走したら足がおかしくなるのは人間にも当てはまります。だから馬の状態が悪かったとか実力負けではないので、宝塚ではしっかり巻き返すわけです。
      下り坂では差を詰められないとなると別の区間で差を詰めないといけません。キズナにチャンスがあるのは3コーナー坂の登りです。ここで緩むと一気に位置取りを上げる事が出来ます(例ディープインパクトの春天・ゴールドシップの菊花賞など)そこで先頭まで1~2馬身の圏内まで持っていけば、残り500まで持ったままで流せばOKです。ライバルは「先に行かれた」と差を詰めようとしますが、下り坂区間で加速する事になるので残り300で足が止まってしまいます。

      一方で武豊騎手の場合は残り500Mまで動かない可能性も大いにあります。
      キズナの京都新聞杯がそうでした。
      京都外回りでは通常、このような縦長の流れになれば位置取りのアドヴァンテージで逃げ馬が残るものです。
      しかしキズナは差しきってしまいました。

      ただエピファネイアやフェノーメノ相手なら差し損ねの可能性十分だと思います。
      エピファネイアは香港に行くという事で、キズナが勝つ可能性はグンと上がりましたが、それでもキズナから買う気はありません。
      いい逃げ馬が出てくれる事を祈ります。

      0
  3. くればぁ より:

    こんばんは。

    なるほど、解りやすい説明ありがとうございます。

    春天に出走しそうな逃げ馬って、今の所ビートブラック位しか思いつかないですね。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      ビートブラックですかあ。
      大阪杯の負け方はちょっと印象がよくないです。
      状態が良ければもちろん買いますが、今回あんな負け方をした原因が解らないと手が出ません。

      逃げ馬が残る可能性はゴールドシップの乗り方も関わって来ます。大賞典を見る限りキズナよりかは前で競馬する可能性が高いので下手に早仕掛けは出来ないはずなのですが、岩田騎手なだけに枠が外なら3コーナー坂の手前で仕掛けるという事をやって来るかもしれません。

      一言追加しておきますと、昨年の敗因は乗り方が間違っていただけですので、ゴールドシップが3200M走れないとかそういう事ではありません。今回も乗り方一つですが、内枠を引けば大賞典と同じ乗り方になるでしょうから本命扱いにしないといけないと思います。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ