ハープスターの敗因を分析する事のちゃんちゃらおかしさ(2014オークス)

桜花賞振り返りを見返すとメタボ教授はまあ取ってて当然ですよね。

取ってないですけどwww

マイネオーラムから買うわ普通は。
一般的なステイゴールド産駒は内枠で脚をためて、他の馬がバテた所を加速力で突き抜けるような競馬が得意です。
内枠の今回はチャンス到来だったわけ。

しかし、信じられない事が起きました。

----------sponsored link----------


マイネオーラム松岡騎手のレース後の談話

ありのまま今起こった事を話すぜ、何を言ってるのか わからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった
ありのまま今起こった出来事
スタートも決めて中団やや後ろインコースに構えるという俺が考える理想の位置取りで1コーナーに侵入に成功したんだ。

ところが2コーナーでは馬群の大外で引っかかったんだ。

長い事競馬を見ていますが、こんな府中の魔物の仕打ちを見たことありませんw。

そこでパトロールVTRを見ると複数の馬の僅かな動きで大外までスルスルと行ってました。
松岡騎手は「前の馬が下がってきて、内がゴチャつく」と見て、とっさに1頭分外に出し余裕をもたせたのだと思いますが、それが悪い結果につながってしまいました。
まあこれは仕方ないです。

でも、このレースを制したのはそのゴチャ付いた内でいたヌーヴォレコルトだったのも事実です。

ハープスターの敗因

そんなの単純明快です。
ヌーヴォレコルトの岩田騎手が
桜花賞では下手に乗ってオークスでは上手く乗った
ただそれだけです。

ちなみに桜花賞、オークス共に最後の直線で前が開かなくて待つ場面がありましたが、加速力が問われるような桜花賞の方が致命傷につながります。

一方ハープスターの川田騎手も同じく
桜花賞では下手に乗ってオークスでは上手く乗ったと思います。
4コーナーまでの位置取りを見ると同じような騎乗に見えますが、阪神競馬場の4コーナーと東京競馬場の4コーナーでは意味合いが違います。

要はちょっとしたペースの緩急や内外の差で変わるくらいの着差しか桜花賞でつけてなかったのにハープスターの単勝が1.3倍というのがそもそもおかしいのです。

ちゃんと差のない2着にはしっかり来ているので、ハーブスターの敗因を乗り方・位置取りとか云々語っちゃう人が多いのがどうかと思いました(落鉄寸前だったのはまだしも)。

そんなレベルでお前の本命馬が来るわけないじゃん、もう馬券予想なんて辞めちまえ、ちゃんちゃらおかしいよ。

と丁度10年前のオークスで水上さんが立てたフラグをもう一度立てておきましたので、来週のダービーは皆さん頑張って下さい。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ