ホールでは相変わらずモンハンとハーデスが強い感じで、緑ドンVIVA2の中古価格は大暴落です。
マクロスフロンティア2がコケたかどうかは微妙ですが、コケたという前提で話しますw。

これら2つの台に共通しているのは「前作がノーマル+ARTタイプで今回が擬似ボーナス」という点です。最近のトレンドといえばトレンドなのですが、一番やってはいけない事をやってしまってます。
それは
擬似ボーナスに前兆を付けている
事です。
長い前兆を経て当たって出てきたのが擬似ボーナスだった時のやるせなさをメーカー側は一切理解出来てないようです。

ボーナスに前兆を付ける必要性が全くありません。
マクロスフロンティア2で中段チェリー引いて長い前兆を経てバケが出てきた時には切れそうになりま・・・いや切れました( ゚д゚)。

過去の名機はちゃんと考えて作ってある

例えば番長2は通常時に殆ど頂ラッシュに当選しません。
頂ラッシュはほぼボーナス経由ですから擬似ボーナスに前兆を付けても許されたわけです。
もし頂ラッシュがレア小役やゲーム数で抽選していたら、前兆が終わってボーナスが出てきたら少しガックリきますよね。
「頂ラッシュ抽選がハズレの薄い所でしか抽選しない」という点が番長2のHIT要因の一つでだと言えます。

----------sponsored link----------

最近の台で言えばまどマギもこれに当たります。

他にはAKB48が挙げられます。
こちらはARTに当たる神曲RUSHは通常時に一切当たりません。
全てボーナス経由です。
だからボーナスに前兆がついても許されるわけです。

他にも駄目な点が

VIVA2もマクロスF2もゲーム数で抽選するのがART関係です。そのためART中はレア役を引かないと基本何も起こりません。それでは駄目なのです。
擬似ボーナスが良いのはゲーム数で解除できるからレア役を引かずとも期待が持てるという点です。それがスッポリ抜け落ちています。

以上の事をまとめると
何も考えなくA+ARTタイプの台を擬似ボーナス+ARTに置き換えたので劣化してツマンナイ台に仕上がった
というのがこの2つの台に対する評価です。

はっきり言って「商品として出していいレベルに達してない」と思います。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----