メタルギアソリッド初打ち感想とゾーン狙いについて

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

目次

基本ゲーム性解説

ART特化で疑似ボーナスからラッシュ(スネークイーター作戦)を目指すゲーム性です。

特徴的なのは「ボーナスART後50ゲーム以内にボーナスを引けると100%ラッシュに昇格する」仕様となっています。

そのため即ヤメは厳禁です。

----------sponsored link----------


50ゲーム以内は擬似ボが当たりにくいという事は無いですよね(・∀・)コナミさん。

 

ラッシュはバトル形式です。

スネークが勝つ事により、ARTが継続するシステムとなります。

初打ち感想

これどうやったらラッシュへ入るのですか?

ボーナスを引いてもREGばかりで、ラッシュへの道程が見えません。

REGからBIGに昇格する事もありましたが、そのBIGからもなかなかラッシュに入りません。

マジハロ5ならREGは結界防衛ゾーンというARTに当たりやすくして、REGでもガッカリさせないような仕様だったわけですが、何故サイレントヒルや戦律のストラタスみたいなガッカリREGを付ける必要があるのでしょうか。

 

苦労して入れたラッシュは演出が単調でした。

モンハンと一緒でベルやレア役を引ければ攻撃というゲーム性です。

モンハンは4人パーティなのが大きいと思います。

各メンバーが色々な攻撃パターンを持っていて、更に「同時攻撃」や「アイテム」や「タル爆弾」もあるわけです。

一方メタルギアソリッドは基本的に1VS1の勝負で、銃を打つか特殊攻撃をするだけ。

単調なのは言うまでもありません。

 

版権の違いだから仕方ないのかもしれませんが、そこをアイディアでどうにかするのがパチスロ開発者の腕の見せどころです。

KPEの開発力の無さを示す格好となりました。

 

あと、台のウリが「一枚パネル液晶」って何を考えているのでしょうか?。

打っていて下部分なんて視界に入らないです。

全面液晶だと展示会の時に見栄えがいいですが、実際のホールだと通路から見ても台下は椅子で隠れる部分となります。

この手の筐体を開発したメーカーは「パチスロをホールで打ってない」と自己紹介しているようなものです。

そんな台をありがたがって買うホールもどうかしています。

コンサルは何を指導しているのでしょうか。

ひょっとしたらコンサルもホールでパチスロを打ってないのかもしれません。

 

天井・ゾーンハイエナについて

天井は1280で疑似ボーナスが当選します。

途中200、500、800、1000がゾーンとなり、200と800はボーナスのゲーム数解除のチャンス、500はCZが50%で1000GはCZ当選濃厚となります。

ゲーム数解除ゾーンについては
サイトセブンの実践値を見る限り200手前を拾って250手前まで回すのはアリかと思います。

既に空き台もありますのでw、解析が行き渡ってない今週中なら拾えるはずです。

 

800については天井狙いの通過点です。

500のCZ抜けから追っても期待値はあるかもしれませんが、プラマイ0に作っている可能性が高いと思います。

いちおう通常時のモードがA~Dまでありますが、現状はハイエナ的に狙いようがありません。

解析ブログや攻略ブログといった他所様の新情報を注視しておきましょう(^^)。

-----sponsored link-----


関連記事

機種解説記事

メタルギアソリッドのブログ記事まとめ(スロットブログ&パチンコブログまとめ)様

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ 個人ブログ

----------sponsored link----------

7 Responses to “メタルギアソリッド初打ち感想とゾーン狙いについて”

  1. テンツチ より:

    話聞いただけで無理ゲーですね。
    こんなんばっかだから、打つ気なくなりますね。
    ハルヒもPV詐欺臭くてwげんなりです

    1+
    • メタボ教授 より:

      ハイエナ以外では打たなくていいと思います(・∀・)。
      そういえばハルヒも出て来るので取り上げないといけませんね。
      先週あたりに情報がガサッと出ましたが、記事にするタイミングを逸してしまいました。

      0
  2. 上下分離パネル・一枚物の機械も含めて、下部パネルに液晶がある機械は殆どがコケるという現実w
    観ない部分に無駄な労力かけるくらいなら、機械のクオリティを上げて欲しいですよね。
    どんなに綺麗な映像でも、あんな単調なARTなら飽きるに決まってます。
    しかもあのダラダラ感。
    4台以上の縛りで13,000台売る予定が、キャンセル続出で11,000台、しかも1台でも導入OKに妥協せざる負えなかった理由は機械自体の出来によるものです。
    あんな出来で、パチスロ機として世に出されたら、メタルギアの生みの親からしたらたまったものでは無い。
    小島氏がコナミ辞めたのもうなずけます。

    1+
    • メタボ教授 より:

      ホールの方々も「出来が悪すぎる」と流石に気が付きましたか(・∀・)いい傾向ですよね。
      KEPはアクセルATやセブンビートみたいに内規にチャレンジする開発者や、戦コレ2・マジハロ5などスロットの事をよく研究している優秀な人も居るはずですが、このメタルギアソリッドは普段パチスロを打っていない人が指揮を取っている印象です。
      納期とか手抜きとか以前の問題で、「どういう台が人気が出るのか?」を他社製品はおろか自社製品すら分析出来てないわけですから。
      ああいうラッシュを採用した場合、ホールでモンハンを1回でも打ったことがあるなら、「この出来では相当マズイ」と絶対に気が付きます。
      責任者は誰か解りませんがこういう人間がメタルギアソリッドというコナミの看板タイトルを関わっている時点で、KPEの優秀な人々も会社に見切りをつけて小島さんのように退社するかもしれません。

      0
      • 実は、この春に人事異動でKPEの社長が変わっています。
        前任者は若くしてコナミに入社し、コナミグループ各社の色んな部署も経験してKPE社長になった叩き上げの方です。
        この方がパチスロ化反対派が多いコナミのメタルギア開発チームを説得して、パチスロ化を進めた方です。
        色々な経験をされている方なので、それなりに人脈もあり、開発スタッフにもそれなりに信頼が有ったからこそのメタルギアパチスロ化だったのだと思われます。
        実際に私は前社長にお逢いして食事をご一緒させて頂きましたが、若いのに非常にパワーのある方で、他人の立場や状況を判っておられる方だという印象を受けました。
        その他にも、古くから付き合いのあるKPEに関わっている人からの情報を聞く限り、社長交代により色々と大変な状況の様です。
        KPEの内部事情までは判りませんが、メタルギアの出来は人事異動による何らかの影響があったのでは?と憶測ではありますが、感じてしまいます。

        1+
        • メタボ教授 より:

          情報ありがとうございます。
          上が変わった結果がコレならKPEの先行きは見えましたね(´・ω・`)。
          パチスロもゲームみたいに有名クリエイターみたいな人が居れば、会社がどうであれ、それなりのクオリティが保たれるでしょうけど・・・。
          それこそモンハン月下の開発者は某パチスロ雑誌でドヤ顔インタビューを受けていましたし。
          内規も含めてそういう仕事が出来るような状況じゃ無いのが問題なのでしょうけど。

          0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ