にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

KPEから12月に「パチスロ麻雀格闘倶楽部2」が導入される事が発表されました。

PV動画

 

前作は増台パネルが女流雀士推しでしたが、
%e9%ab%98%e5%ae%ae%e3%81%be%e3%82%8a

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab

----------sponsored link----------

今作はときめきモードに温泉モードとやりたい放題です(言うまでもなく麻雀格闘倶楽部のゲームには出てきません)。

特にときめきモードは完全にラブ嬢のパクリ・・・。

まあ打つんですけどね。

ラブ嬢は未だに残っているように一定の需要があるようです。

このような台が今後も出てくるかもしれません。

人気女性パチスロライターでラブ嬢のパクリ台を作って、来店営業とセットで売るというアイディアはどうでしょう、メーカーさん。

「パチスロの液晶演出でパチスロデート」

というシュールな台になりますが、個人的には打ってみたいです。

スペック

が公表されているので転載します。

モード1.0様より

・ART純増 約2枚

・ART初期G数は和了時の役に応じて決定。最低40G、最大480G。

・ARTゲーム性 手牌を集め雀士と上乗せや特化ゾーンをかけて勝負

・毎周期(約40G)で1局が完結、チャンスが訪れる周期システム

・スペック詳細
ART/出率
設定1 1/297.0/97.3%
設定2 1/276.5/98.4%
設定3 1/285.8/100.2%
設定4 1/245.8/103.1%
設定5 1/249.9/106.2%
設定6 1/228.7/110.1%

前作は旧内規のART機でした。

初当たりが設定1でも1/226と軽かったのですが、今作はベースが高いのでその分だけ初当たりを重くした感じです。

それに併せて対局も1周期約30ゲームから約40ゲームに伸びています。

対局演出は長くなっても問題ないはずなので、バランスさえ間違わなければ前作と同じような感覚で遊べるはずです。

他のAT・ART機の続編と違ってスペックダウンしてない所が強みかもしれません。

ただ、旧作の方を新台として入れても気付かない人が居そうです。

ホールは「わざわざ続編の方を買う必要はあるのか」と考えるかもしれませんが、僕が住んでいる地域だけでいいので、導入される事を祈ります。

-----sponsored link-----

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です