という事で今回から始まりました集中講義「パチスロ以外のギャンブル概論」です。
一回目は麻雀を取り上げます。

麻雀への入り口は大体みんな一緒です。時代は違えどゲームからという人が大半だと思います。
ネットゲームで気軽に遊べるこのご時世、麻雀人口はパチンコ・パチスロより多いと言われています。

強くなるには牌効率を学ぶ必要があります。
牌効率とは聴牌に至る確率・早さのことを指します。
一発・裏ドラ・赤ありのルールだと役よりテンパイスピードの方を重視するのが正解だと一般的に言われています。

パチスロで言えばいわゆる期待値稼働みたいなものです。
パチスロなら期待値稼働が出来れば勝てるのですが、麻雀で稼ぐにはまだまだ壁が存在します。

勝つためのコツ

----------sponsored link----------


結局お金をかけてプレーするのはネットじゃなく実際に牌を触る事になります。
そうなった時に勝敗を分けるのは「速く正確に打てるかどうか」です。
スピードが何より重要と考えて下さい。

勝つためには「相手が何をしているか」を把握しないといけません。
打つのが遅いと「ツモって」「切って」「並び替えて」とやっている内に次のツモ番が来ます。
そうなると自分の手しか見えないので相手が何をやっているのか解らなくなります。

逆に自分の方が早いと相手3人の捨て配や牌の入れ替えをじっくり観察する時間が出来ます。
この違いはとてつもなく大きく、実戦での順位に大きく影響します。

そのためお金を稼ぐ麻雀とネット麻雀は別世界だと考えて下さい。
ネット麻雀でもレベルが高い打ち手は沢山いますが、それを目指してもお金にはつながりません。
麻雀の実力を身につけるのはネットマージャンが最適ですが、ある程度の実力がつけば現物の牌を触る事を重要視して下さい。

フリー雀荘

実際にお金をかけて麻雀するのはフリー麻雀になります。
どこにでもあるフリーの雀荘のレートは基本1000点100円までです。

ではフリー雀荘で食べていく事は出来るのでしょうか。
具体的にシュミレーションしたサイトがありますので紹介します。
[麻雀の経営学] 中編 賭け麻雀で生計はたてられるの?

そこでの東南戦での収支をこのように仮定し

素点収支 チップ収支 ゲーム代 収支合計
1位 5,500 円 2,000 円 -600 円 6,900 円
2位 1,000 円  500 円 -600 円  900 円
3位 -2,000 円 -500 円 -600 円 -3,100 円
4位 -4,500 円 -2,000 円 -600 円 -7,100 円

シミュレートした結果が下表です。

平均順位 1ゲームあたりの収支 時給 年収
2.2 740円 1,110円 約213万円
2.3 300円  450円 約86万円
2.4 -140円 -210円 約-40万円
2.5 -600円 -900円 約-173万円
2.6 -1,040円 -1,560円 約-300万円

平均順位2.2ならギリギリ喰えるレベルかと思います。

ただ仮に
1位3割
2位3割
3位2割
4位2割
であっても平均順位は2.3ですから2.2というのはいかに厳しいかというのが解ると思います。
そもそも猛者が集うフリー雀荘の世界での話ですから相当な実力がないと2.4という結果ですら残せないでしょう。

言うまでもなくゲーム代の負担があまりに大きいから稼げないわけです。
シミュレーションを見る限り、このレートだと上手い人でも1半荘あたり1000円分の実力差をつけるのがやっとの状態で、そこから600円もゲーム代を取られるからいかに無理ゲーなのかが解ると思います。

だからゲーム代を下げる工夫をするか、レートを上げる工夫をしないと稼げません。
ただこれ以上のレートになると風営法の範囲外、つまりお縄を頂戴する可能性が出てきます。

プロなら喰える?

色々な団体がありますので入団への道筋は団体によって違います。
別にイケメンでなくても、かわゆい女の子でなくてもプロになる事は可能です。

ただ、基本的に競技プロの対局料だけではどうにもならないと言われています。
プロの肩書を使ってメディアに露出するくらいになって初めて食べていけるといった感じです。
だから最近はネット麻雀にもプロが積極的に顔を出して、名前を売っているわけですね。

メディア露出が出来なければ、麻雀プロの肩書で雀荘のメンバーとして働くのが現実的な選択肢となっています。

トッププロの実力

じゃあメディアに出てくるようなトッププロは強いのかと言われれば、「次元が違いすぎる」の一言です。

「次元が違う」といえば自分がまず思いつくのが土田浩翔プロです。
土田浩翔

彼は牌効率の世界から背を向けた独自の対子理論を使いこなす打ち手です。

メタボ教授がテレビの前で震えたのはスカパーの寄席チャンネルで放送された「ガチ雀」という番組での対局。

パチスロ必勝本の嵐さんが、雑誌コラムで『前日から胃が痛くなった』と書いていた対戦です。
相手を見ると確かに胃が痛くなるどころの騒ぎではありません。
圧迫面接というか公開処刑といった感じです(^o^)。

そんな中、トンデモナイ展開が待っていました。
普段は動じない元パチスロ必勝ガイドの内池さんが絶句しています。
それでは動画でどうぞ。

土田浩翔プロを語る上で、もう一個有名なシーンを紹介しておきます。
下の動画は MONDO21での一コマです。 ちなみに土田プロはプレーヤーではなく解説席ですw。

私のような一般人レベルでは全く理解出来ません。
土田プロの他にも佐々木寿人プロや瀬戸熊直樹プロも理解を超えた強さを感じます。
当たり前の話、何故プロが強いのか理解できない人間がプロ相手に勝てるわけないです。

ゆえにメタボ教授は麻雀が大好きですが、プロになろうとは思ったことは一度もありません。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


ギャンブル概論目次