【競馬】京都記念2014ジェンティルドンナの敗因は加速力

ベリー(笑)

ジェンティルドンナがまさかの大惨敗となった京都記念。
その原因は何だったのでしょうか。

3コーナーからのベリーの仕掛け

日本の競馬の教科書には、
「京都の外回りの坂はゆっくり登ってゆっくり下る」
と書いていますが、外人は日本語を読めません。

だから京都の外回りは外人騎手を信用していません。

----------sponsored link----------


近年調子がいいベリーも例外ではありませんでした。
他の競馬場なら馬券圏内に絡めていた好騎乗なのですが、京都の外回りであれをやってしまうと4コーナーで脚のスタミナがなくなってしまうわけですね。

それに巻き込まれたジェンティルドンナはツイてなかったともいえます。

ベリーが来た時に勝った横典もジェンティルの福永騎手も手綱を引いて相手にしませんでしたが、4コーナーの加速力でジェンティルドンナは分が悪く完全に置いていかれました。

逃げ馬なので加速力がないのは当たり前なのですが、このあたりが東京で強い理由なんだとも思います。
まあそもそもデスペラードに負けるとは思いませんでしたし。

そもそも言うほど強くはない

指数では高く評価されない馬ですし、宝塚の負け方は意外でした。
3歳で勝ったJCは斤量のアドバンテージが大きかったと見ることも出来ます。

今回は敗因が解っているのでノーカウントでもいいですが、次走は試金石です。
現状は直線が長いコースかハイペースで引っ張ってくれる馬がいる事が好走の条件だと思います。

----------sponsored link----------

7 Responses to “【競馬】京都記念2014ジェンティルドンナの敗因は加速力”

  1. くればぁ より:

    こんばんは。

    確かに、結果論ですが不安材料が多かったのにあのオッズは過大評価されすぎでしたね。休み明けもローズS以外は全て負けていますし。
    昨年のJCであの弱メンに対して辛勝なので、ジェンティルはもう、今回のオッズ評価ほど強くはないのではと思いました。教授が言うように、元々かも知れませんが。
    しかし、それにしても負け過ぎな感がします。
    本当、次走が試金石と言うか、正念場のような気がします。内容によっては時期的に、引退もある気がします。
    などと、偉そうな事を書きましたが、馬券はジェンティルを買って爆死なので、負け惜しみですね。
    それにしても、横山典騎手の騎乗は見事でしたね。スタート直後にデスペラードがはなをきった瞬間に嫌な予感はしました。受け売りですが、逃げると判ってない馬が逃げた時は怖いですね。特に、横山典騎乗はその感じが強いです。
    個人的には、トレイルブレイザーの和田騎手にその騎乗を期待してたのですが、残念です。

    ちなみに、京都記念での教授の馬券成績はどうだったのでしょうか。差し支えが無ければ、本命馬とあわせて教えていただきたいです。

    では、長文失礼しました。

    0
  2. くればぁ より:

    連投ですいません。

    誤解されるかもしれませんので、補足させて下さい。
    負け過ぎと書きましたが、着順や、着差の事ではなく、私が視た印象の事です。
    あまりに抵抗がなく、次走に期待出来そうにない
    負け方だったので。
    しかし、教授が言うように敗因が判っているならノーカンかも知れませんが、私の印象は良くありませんでした。

    ドバイに向けて、私の杞憂であれば良いのですが。

    では失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      自分の本命ですか(^^;
      ジェンティルが福永騎手だったので縦長の流れにはならず、上がりのトップスピード比べになると予想したので
      トーセンラーとラキシスが本線だったのですが、馬場が良馬場にはならなかったのでマイネオーチャードを本命にジェンティル含めて有力馬に総流ししました(小声)。
      でも確かにトレイルブレイザーが和田騎手でしたので、大逃げの可能性もありました。ただそれだとジェンティルドンナを本命にしないといけなくなるので考えないという方向ですw。

      ディープインパクト産駒のジェンティルドンナですが、加速力がないという根拠は母方の血統です。
      ダンチヒ系なのですが、大昔の格言に「ダンチヒは外枠で買い」というのがあります。
      これはワンペースで内枠だとペースの急緩や馬群を捌くだけの加速力がないからだと自分は思っています。
      今回は4コーナーから加速するようなラップのレースでしたのでジェンティルドンナには向かなかったレースだと思っています。

      でもじゃあ同じ位置にいたデスペラードが何故勝ったのか?という話になりますので難しいところです。
      自分はデスペラードを有馬記念のブログ公開予想時に
      「血統的に言えば距離短縮は全く問題ないのですが、距離適性云々ではないと思います。
      今の長距離勢の層が薄すぎて好走しているだけなので、基本はG2で掲示板が精一杯の馬だと思います。」
      などと酷評しているだけに横典マジックだからとしか逃げ道がありません(^o^;。

      といった感じで今回のジェンティルドンナについては評価が難しいです。
      次買うかどうかはオッズとメンバーと競馬場との相談になります。

      0
  3. くればぁ より:

    なるほど、ありがとうございました。
    参考になります。

    東京新聞杯や、クイーンカップの振り返りも楽しみにしています。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      実は専業復帰週間の遠征中でグリーンチャンネルが見れない状況なので
      馬場の乾き具合が解らず馬券を買いませんでした。
      日程が変わって各馬のコンディションにばらつきがあるはずなので基本的には評価保留です。
      東京新聞杯のホエールキャプチャはいい勝ち方をしましたが、クロフネ産駒は仕上げやすいという印象があるので
      自分が馬券を買っていたらこのレースこそが買いで、クラレントとの1着3着で外して悶絶していたでしょう。
      クイーンステークスは関西への遠征帰りの2頭で決まりました。
      指数的にはおそらく平凡だと思うので桜花賞は微妙ですが、
      一度関西への遠征経験をした以上JFと比べれば状態的な上積みがあると思います。
      個人的には桜花賞で惨敗して人気薄となったオークスで買いたいわけですが、そう上手くはいかないものです。

      0
  4. くればぁ より:

    こんばんは。

    遠征中でしたか。そうとは知らず忙しい中無理強いさせてしまったみたいで申し訳ありません。

    私は東京新聞杯の本命は関東馬の中から決めたのですが、(恥ずかしながら、1番人気のコディーノにしましが、ヒロシさんの本命と被っていたので嫌な予感はしました)正直ホエールは全く眼中にありませんでした。牝馬で57㎏、加えてGⅠ並の強力なメンバーの中、買える要素はほぼ無いと考えていました。しかし、蓋を開けてみればまさかの完勝、驚かされました。
    昨年のヴィクトリアマイルの時も人気薄のホエールにやられて後悔したのですが、またしても同じ事の繰り返しで、悔しいのと同時に情けなくなりました。
    それにしても、マイルならホエールは本当に安定してますね。これで、ヴィクトリアマイルもほぼ人気になるでしょうが、何だか買いたくない自分がいます。

    結果的には買わなくて良かったみたいですが、教授のホエール本命は見事ですね。

    では、長文失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      いえいえ予想を公開してないのでお見事でもなんでもありません(^^)。
      牝馬限定戦で人気所の組み合わせなんて基本買わないのでクイーンカップ買っていたら100%外していましたし。
      ヴィクトリアマイルも同じで、人気になるこの馬から買う必要はないと思います。
      自分はクロフネ×サンデーの配合は道中出来るだけ省エネで走らないと持ち味が出ないと思っていますので
      外枠なら軽視するつもりです。

      コディーノはキンカメ産駒なので基本的に長い末足が使えないと思っています。最後止まって差し返されました。逆を言えば馬場の乾きがよかったりペース次第では十分勝てたと思います。阪神で行われていたマイラーズカップとかが向きそうな馬ですが、今は京都ですし・・・次使うレースの選択が難しそうです。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ