小倉記念振り返り2014

小倉は台風直撃で不良馬場だと思って大穴狙いを予定しておりましたが、台風がそれて中途半端な稍重馬場で手が出ませんでした。
レースの注目は七夕賞を単騎引き離して勝ったメイショウナルトがどういう競馬をするかでした。結果的には同じ競馬をして馬場の内外差にやられた感じですが、3着を確保した以上こういう競馬をしばらく続けるのではないでしょうか。となるとこの馬が出てきた時は縦長の流れになりやすく、上がり勝負にはならないという馬券の買い方をしようと思います。

それと逃げ馬でもう一頭、札幌日経オープンにバンデが出てきました。こちらの逃げは本質が違っていて道中ペースを落として上がり最速を出すような競馬でした。

上がり勝負で着差を付けている以上、2つくらい格が上がっても勝負になると思いますが、逃げて自分でペースを作るような馬ではありません(今回もスタート後相当苦労して先頭に立ってます)。
最近は馬券圏内を外していませんが、セントライトの時みたいにあっさり負ける事も十分あると思います。

レパードステークス

アジアエクスプレスの完勝でした。
ユニコーンステークスの内容から1円も買いませんでした。
今回は道中結構緩みましたし砂を被らないポジションではありましたが、それだけであそこまで逆転出来るとは思いませんでした。

----------sponsored link----------


ユニコーンSはレース出来る状態ではなく出走していただけかもしれません。
手塚調教師の馬は成績にムラ傾向があるように思います。
自分は調教に詳しくないですが、この厩舎の勝負調教みたいなものがあるのでしょうかね。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ