新年明けましておめでとうございます(中山・京都金杯2014)

競馬をやる人は今日が元旦です。本年もよろしくお願い申し上げます。遠い昔に千年の杜というウ◯コ株の投げ合いに参加していた身としては2014年は遠い未来だと思ってました。しかし現実としてやってきて自分に残っていたのは吹けば飛ぶような貯金とギャンブルの技術だけでした。

金杯で注目するのはもちろん京都の方です。もうご存知の人も多いと思いますが、毎年この日の京都芝はどういうわけか内しか伸びません。

ただ騎手側も知っている人は少なからずいて、今日の昼のレースでは無理矢理先行して内を取ってしまうケースが何度かありました。

という事で京都金杯の本命はガルボでした。おそらく10番枠が嫌われて人気の盲点になると判断しました。先行出来れば枠なんて関係ないですし、テイエムオオタカが幸騎手なので縦長の展開にはならないだろうと予想しました。
結果的にはガルボの位置取りは悪く、外を走らされて流れも向きませんでした。能力だけで3着確保出来た感じです。冬将軍ガルボの底力発揮といった所でしょうか。次走が東京新聞杯ならまた買いたいです。

中山金杯はオーシャンブルーの馬群突破が炸裂しました。これは完全に自分の形での勝ち方なので次走が東京なら軽視して構いません。

----------sponsored link----------


メタボ教授の馬券は珍しく両金杯共に取れました。
PATではなく久々にウインズで購入したのですが、現金での大勝負はやはりアツくなります。
場外馬券場なのに「岩田あああああ( ゚Д゚) 」と叫んでしまいました。

場の雰囲気はパチスロ4号機時代の鉄火場そのものです。ギャンブルは基本アツくなったら負けですが、たまにはこういう刺激がないとギャンブルを長くはやっていけないと感じました。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ