にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

今回紹介する記事は「パチンコ業界!?ブログ」様の

という記事です。
以下転載

 慶次が導入され1週間経過しました。稼動は47,000個程とルパンの初動には及ばなかったものの、1年で最も暇な週と言われる11月の第3週ということを考えると上出来ではないでしょうか。一方の玉粗利は0.26円となっており、ここは予測を外しました。玉単価が1.5円程度なので、粗利率は17%とそれ程高い数値でもないでしょう。ただ、台粗利は12,000円となります。

台粗利は結果論という側面が強いのは確かですが、単純に台粗利12,000円と言うのは高すぎます。4円パチンコの平均的な台粗利は3,000円〜3,500円程と思われるので、せいぜい6,000円程が適正ではないでしょうか。玉粗利0.15円の40,000稼動で台粗利6,000円になります。粗利率は10%。

----------sponsored link----------

導入週の粗利は高めの設定で、稼動がついてくるようならば翌週から出玉率を高めるということなのかもしれません。機械寿命が短くなっている背景を考えるとリスクは確かに少ないでしょう。ただし、それは稼動しないということが前提。慶次の様なある程度まとまった台数を導入する場合は稼働優先で考えるべきでしょう。

何も赤字営業をする必要はありません。台粗利6,000円の運用で良いのです。8,000円でも良いかもしれません。12,000円はやり過ぎだということ。

3個賞球の高継続の低ベース機ならば、スタートと最終的な出玉率がリンクしないことは多々あるので、高めの粗利に設定するというのも理解できます。しかし、今は4個賞球・ベース30になっています。確実にコントロールはしやすくなっているので保険をかける必要はありません。

稼働重視の機械と粗利重視の機械の見極め、そして、機械にコントロールされるのではなくコントロールすることが大切です。沖縄4が赤字スタートだったりする一方で、慶次の台粗利が12,000円スタートというのを見ると、まだまだ機械にコントロールされている様な気がしてなりません。

サイトセブンを見ると既に天下一閃も同じ評価となっていますので、全国的に釘がかなり閉まっているようです。

慶次や天下一閃よりもう一段階酷いのがタイガーマスク3です(´・ω・`)一撃3万発出したかったよお。

まあ牙狼と海以外の台は昔からこんな感じなので、今に始まった話ではありません。

その牙狼魔戒も最近はぶっこ抜き状態です。

一方で記事にもあるように沖海4は甘い状況となっています。

牙狼魔戒は撤去間近のため、釘を締めるのも残当だと思います。

しかし慶次はこれからのスタンダードである適法機65%規制台なので客を付けなければいけない状況です。

ニューギンは何を考えているのでしょうか。

出荷時で台粗利3000円、「メンテナンスの範囲」で釘を叩くマイナス調整で6000円みたいなゲージでどうして出荷しないのか疑問に思います。

今回は違法機撤去という目的があるので多少は売れたようですが、ここで稼働的にコケたら次はありません。

「1/320の高ベースの慶次も悪くない」という印象を客に持たせる唯一のチャンスをミスミス逃す形となりました。

まあ甘く使われている沖海4もそこまで客付きは良くないので、パチンコも新内規のスロットのような状況になるのは間違いないと思います。

スロットもあの続編をリリース

ニューギンが信長の野望の続編を用意しているそうです。

前作で起こった
ナビが出ずARTに突入しないバグ
の件は一切謝罪が無かったわけですが、まさか『ニューギンからExciteに名義を変えたからOK』と舐めた考えなのですかね(#^ω^)。

流石にこれをホールで打つ情弱は居ないはずですが、あんなバグを出しておいて全く反省してないメーカーの姿勢はおかしいと思います。

-----sponsored link-----

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ