CR火曜サスペンス劇場2の初打ち感想は「前作を楽しんだ人なら問題なし」

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

パチスロの火曜サスペンス劇場が稼働圏内に1台も導入されていません( ;∀;)。

という事でパチンコの「火曜サスペンス劇場2 真相の扉~22の過ち~」を打ってきたので、その感想を書きます。

演出的には「切り札」というのがポイントです。

切り札が登場して発動すれば赤文字になったり崖に行ったりと、最近のパチンコぽくなっています。

----------sponsored link----------


ただ基本的には前回と同じ演出テイストで、なおかつ演出の使い回しがほぼ無いのが好印象でした。

とりあえず犯人を一通り逮捕するまでは打ちたいと思います。

 

それと大当たり中に「ホリプロ」というロゴが出てきたので調べてみたら、出演している人がほぼ全員ホリプロなんですね。

それで「あの人は今」みたいな芸能人が大量に出てくるわけですか・・・。

「吉本タウン」みたいな事務所台でも無いですし、その分だけ収録話数が多くなっているので別に構いませんが、でもどうして和田アキ子を犯人役として使わなかったのでしょう。

紅白無くて暇そうですから、おそらくノリノリでやってくれるはずです。

あと今作もリボンプレミアがあるそうです、(僕は今回見れませんでしたが)。

暇な人は収拾してみて下さい。

スペック

今回はこのようになっています。


(画像はタイヨーエレック様HPより転載)

個人的には「出玉なし確変なんて要らない子」だと思っているのですが、必要なんですかね。

STや時短中に出玉なし確変を引けば「助かったあ・ω・」となりますが、確変中に出玉なし確変を引いてもガッカリしかしません。

とは言え、海が長年この方式でやっているので、出玉なし確変を入れる事により「継続率の水増し効果」が大きいのでしょうか。

そういった不満はありましたが、前作楽しめた人なら間違いなく楽しめると思います。

タイヨーエレックは「実質解散で名義だけ残っている」というニュースが流れていたので、この台も心配でした。

パチスロだとロストアイランド2・ブラッドプラス2と散々でしたし、スロの火サスの評判もよろしくないそうです。

ただ、このパチンコはちゃんと作っているように見えました。

サミーの中で今何が起こっているかよく解りませんが、看板の北斗が息をしていない状況から巻き返す事は出来るのでしょうか。

-----sponsored link-----


関連記事

機種解説記事

火曜サスペンス劇場2のブログ記事まとめ(スロットブログ&パチンコブログまとめ)様

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ

----------sponsored link----------

6 Responses to “CR火曜サスペンス劇場2の初打ち感想は「前作を楽しんだ人なら問題なし」”

  1. 突確に関しては、確変割合・継続率を誤魔化す為もあると思いますが、出玉の有る連チャン割合を抑える事で出玉総量規制をクリアする狙いもあると思います。
    最初の突確は、初代エヴァの暴走モードと上手くマッチしていて良かったですが、今や全く別の物になってしまってますよね。

    タイヨーエレックですが、開発グループが複数あるそうです。
    タイヨーエレック系の開発グループと、実質サミーの開発グループです。
    最近は実機を試打する時に、どっちのグループが作っているか大体判る様になりました。
    てか、ポリゴン多様していれば、ほぼサミー系ですw
    そしてコケるのもサミー系ですw
    次機種のハチワンダイバーは恐らくエレック系だと思います。
    エレック系の機械は、導入当初から高稼働するような機械は殆ど無いですが、細く長く使える機械が多いです。

    個人的には私もエレック好きです。

    0
    • メタボ教授 より:

      出玉なし確変が出玉総量規制をクリアする狙いというのがよく解りませんので、もしよろしければ教えてやって下さいm( _  _ )m

      0
  2. 細かく知っている訳では無いのでザックリとした説明になりますが、
    形式試験には短時間出玉率・中時間出玉率・長時間出玉率という試験があります。
    これは一定の時間内に定められた出玉率を超えるとダメというものです。

    突確を入れる事で、その当たりは出玉がありませんので、仮に突確無しの機械と比べた場合に、一定時間内に出る玉の量を抑える事が出来ます。
    突確とは違いますが、今回の慶次は確変中の確率が非常に悪いですが、これは大当り間を長くするのが目的です。
    牙狼等のロングST機も同じ事が言えます。
    色んな方法で出玉が有る大当り間を伸ばす事で時間出玉率をクリアしているのだと思います。

    尚、形式試験を受けるには結構な金額がかかります。
    エレックのような立場の弱いメーカーはあまり金がかけれないので、試験が通り安いように、突確を入れる事で間違いなく試験を通る様にしているのかもしれませんね。

    0
    • メタボ教授 より:

      解説ありがとうございますm( _  _ )m。
      確実に通すためなのですね。
      ビッグドリームやヤマトが何回試験に落ちたのか想像するだけで恐ろしいです。
      確変時の大当たり確率を下げればいいとも思いましたが、STでもないのに「確変1/50」という表記の機械なんて誰も打ちたくないので海のような仕様も納得しました。

      0
      • 聞いた話ですが、ビッグドリームはすんなり通ったらしいですよ(^^;)
        たまたまプレミアよりも低い確率で連チャンしなかったのでしょうかね…
        まぁ普段からギリギリを狙うメーカーは目をつけっれてるとも聞きますので、エレックに対しては緩かったのでしょうかね?
        そんな訳無いと思いたいですが、政治家も官僚も企業も利権の為には何でもやっている昨今なので、何があっても不思議では無いですね…

        0
        • メタボ教授 より:

          そこらあたりはもちろん僕にも解りませんが、5年前のスロットみたいにサブ基板で悪さは出来ないので、運良く通ったという事になるのでしょうか・・・。

          0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ