という事で見えている地雷を触って来ました。

一言でまとめてしまえば前作を劣化させただけの台です。

番長3は名機である番長2を発展させたのでまだ良かったですが、クソ台である獣王(王者の期間)を劣化させたのではどうしようもありません。

A+ARTにしただけならまだしも、ARTに辿り着くまでの道のりが解りにくいです。

BIGから当たるのはCZがメインですし、REGもありますし、昔ながらの『ARTがクソ重いA+ART』となっています。

----------sponsored link----------

何度も言いますが、ARTが出玉のスタートラインですから、そこへの道のりが解りにくい台は基本流行りません。

ボナが無いAT・ART特化の仕様なら天井まで突っ込めば当たります。

それが一番解りやすいから旧内規のAT・ART機が人気だったわけです。

肝心のARTが重くなった一方で、大当たり時の期待獲得出玉が高くなっているそうですが、サバチャンが前作より進化した印象が無いのも致命的だと思います。

純増が低いわけですから、初当たりの時点で前作とは違う雰囲気を出さないといけないのに、それが出来ていません。

上乗せで事故れば1000ゲームくらい乗るのでしょうけど、閉店で消化出来ない上乗せなんて誰も求めてないです。

この台を打っていて感じた事は

「サミーは客飛びの最速記録を狙っているな」

それくらい、パチスロの新台として求められる出来には程遠いと思います。

サミーに残された時間はあと僅か

獣王はパチンコ北斗の抱き合わせです。

何もしなくても思考停止のホールが買ってくれます。

ユーザーの事は何一つ考えずに作っているのが丸わかりです。

その北斗も既に空き台があって

7万台も入れるような台なの?

という感じがしますがどうなのでしょう。

養分打ち出来そうな空き台は無かったので、また後日北斗の感想記事を書きたいと思います。

 
話を戻しまして、
サミーはカチナビという素晴らしいツールがあるのに、それを活かす台作りが一切出来ていません。

せっかく5.5号機以降のスロット業界で天下を取れるチャンスが来ているのに、それをミスミス逃しています。

設定狙いをする層がどういう台を求めているのか、そんなに難しい話ではないはずです。

社内の意思統一が出来てない典型的な駄目会社だと言えるでしょう。

その内、他社もカチナビみたいなシステムを出して、台もそれに対応したモノを作ってくるはずです。

その時がサミー完全終了の瞬間となると思います。

-----sponsored link-----

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

にほんブログ村 スロットブログへ

メタボ教授の新着

当ブログ最新記事 競馬ブログ

機種解説記事
獣王(王者の覚醒)ブログ記事まとめ(スロットブログ&パチンコブログまとめ)様