にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

ATの名前がトンデモないネーミングで

十字架3JKラッシュ

期待せざるをえない(*´ω`*)十字架3ですが、スペックの方は物議を醸しています。
最初は下記のような情報が出まわりました。

パチンコ・スロット原作愛について語るブログ様より引用

----------sponsored link----------


差枚数管理で100枚200枚500枚の三種類
AT2.8枚でベース44.7で合成1/296と
都合の良い数字だけ聞くと良さそうに見えますが

このスペックで300切る為の犠牲として
まず天井を無くし
AT継続率管理なのに継続率を・・・

かなり酷い事になってます
まず最高継続率が66%、で33%にまさかの0%を搭載
割り振りが66が1%か2%(だったと思う)
0%が60%残りが33%と大半が0%と言う
確率云々の前に、大半がすでに抽選対象ですらないと言う
驚異の単発スペック仕様になってます
(細かい数字はうろ覚えです)

これをネットの広報が否定します。

しかし、実際に営業から聞いたというツッコミが入りました。

これらのやり取りを見た
原作愛について語るブログ様は
下記のような記事を上げます。

パチンコ・スロット原作愛について語るブログ様より引用

前回の記事のスペック部分の文章は
ネットの営業の機種説明を抜粋して文章にしただけですからね

あれを広報が否定すると言うことは
営業が嘘付いて台を売ってる事になる
意図的な嘘、もしくは機種特性を理解しないで適当に嘘付いて
合計で百万以上するかもしれない物をホールに売りつけてるって事なんですが?

広報がユーザー騙してるのか?

営業がホールを騙してるのか?

どちらにせよ
社内の情報や意思統一すら出来てない上に
嘘つきがいる会社って事だけは確か
広報の言葉を借りるなら
まさにデタラメネットですよ

(中略)

結局、検定通ってない台は営業出来ないんで
先に天井無しの通過済の台で先見せ営業開始
本命が通らなければ、そのまま
通れば差し替えと、自分達に都合の良い
営業を計画するも

差し替え前提なのは、一部の上層部しか知らず
末端の営業は一生懸命ダミースペックの方で
お得意様に先見せ営業

上は後で本命通過とかで訂正するつもりだったんでしょう
(前回の記事の数日後ぐらいには
天井付きに差し替わる話が営業にもきてた)

結局のところ

広報がユーザー騙してるのか?

営業がホールを騙してるのか?

おそらく両方騙そうとしているのが正解でしょう。

メーカーは台を多く売るために
ユーザーには出るというイメージを
ホールには抜けるというイメージを
植え付けるのがベストです。

印象操作だけならいいですが、
パチスロISの割詐称問題を誰も厳しく追求しなかった事により嘘の解析情報を流すのが当たり前という時代に突入します。

雑誌経由で嘘の情報を流しても
何もお咎め無い事が解った以上、
そうなるのは自然です。

メーカー側のインターネット対策はまだまだ甘いと思います。

これから学習していく状況のはず。

今は色々と粗が出ていますが、
メーカー側の学習が進めば
嘘の情報で押し通す事も可能になるでしょう。

ユニバが一歩リード

既にユニバーサルは真っ黒だと思っています。

バジリスク絆の弦之介BC
未だに以前の誤報を信じて
設定判別している人が居ます。

沖ドキも雑誌情報(200まではとりあえず回しましょう)を信じてモード関係なく200まで回す人が多く居ました。

沖ドキトロピカルに至ってはモードの存在自体が怪しいです。

ハナビだって打ち手の技術介入向上や情報浸透によってホール割が上がるはずですが、今もジャグラー以上に利益が取れています。

これらはユーザーを騙すためにユニバが意図的に情報操作していると考えるのが自然です。

かと言ってユニバの台を無視して立ちまわるのは現実的じゃありません。

そこが今後の問題だと思いますが、
ユーザーにとって状況が良くなる事は無いでしょう。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

次のステップに進みたいスロットブロガー

メタボ教授パチスロ研究室新着記事

[list cat=”134″ num=”5″]