スロット規制後の将来について【悲壮感が足りてないと思う】

今日もスロット規制のお話。暗い話題が続いてすみません。

今回の規制についてネット上での色々な反応を見ると「悲壮感が足りてないんじゃないの?」と個人的に思っています。

一つだけ確かな事

それは冬の時代がやってくる事です。

先日の記事に追記した

----------sponsored link----------



を、もう一度紹介しときます。

これは設定狙いでも同じ事です。
設定狙いだって負けてくれる人がいて初めて成り立ちます。

何より痛いのは「スロットが規制された」という明確な情報が出まわっている事です。
これを知って「パチスロを新たに始めよう」と思う人間が果たして現れるでしょうか。

いつも負けてくれるお年寄りや養分様はずっと同じ人ではないのです。

彼らだって進歩します。
金銭的に退場する人もいますし、老齢でお亡くなりになる方もいます。

新規に参入する人が一定数いたからこそ、スロットのシマが滞り無く回ってきたわけ。
その新規参入者の供給が途絶えるら、当然5号機⇒4号機の時の同レベルの惨状になります。

今回の状況を喜んでいいのは、ホールの来店営業バブル復活を望むパチスロライターだけだと思います。

強いものが弱いものを食う

それが自然の摂理です。

メーカーはストックがある虎の子のAT機を売り惜しむでしょう。
大量導入・抱き合わせ販売をして何とか生き残ろうとするはず。
そのため「新台購入の予算が減って設定が入る」なんて考えない方がいいと思います。

ホールだってそうです。スロットで抜けないならパチンコで抜くしかありません。
打ち手が安易に「これからはパチンコだ」と考えようものなら、そこに付け込まれる可能性もあります。

パチンコはスロットよりマシなだけ。
「これからよくなる」なんて考えてダメです。

パチンコ業界だけではないと思いますが、古い体質の会社だと老害ポジションの人が「自分の退職金だけ出ればいいや」としか考えていません。

5年後10年後を見据えて「客を守る」という発想なんて出てくるわけないのです。

橋本真也

というプロレスラーは言いました。
橋本
「破壊なくして創造はなし、悪しき古きが滅せねば誕生もなし」

パチスロだと
破壊されたけど創造しようがない新規制、悪しき古きが滅ばず客が滅びるパチスロ業界
といった未来だと思います。

今回の新規制は
お上が唐突に
ぴーぽ
時は来た、それだけだ

と我々を地の底に突き落としました。

我々は
出る前に猪木
出る前に負けること考えるバカいるかよ

と強がるのもいいですが、ギャンブルの世界だとプロレスと違って負けて明日があるとは限りません。

パイの奪い合い

パチンコ・パチスロだと他のギャンブルはもちろん、ネットやゲーム業界との客の奪い合いをしているわけです。
パチンコ・パチスロが生き残るには官民一体となって進化していく事が重要ですが、今回の件は明らかな後退です。

それが2014年現在いかに致命傷であるか想像出来てないから悲壮感や危機感が足りてない人があまりにも多いと思ったので記事しました。

これから1年・2年経ってようやく惨状を全員が理解する事になると思います。

今回も希望が持てるような煽りは一切なく記事は終了となります(・∀・)。

鈴木健想
僕は自分の明るい未来が見えません!

こう叫んだ彼は後に世界最高峰の団体であるWWEの選手として活躍します。
帰国後も狂言師とプロレスをして有名になりました。

この世の中、どこで何が起こるか解りません。
我々打ち手はそれを祈るしかないのでしょうか?

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


----------sponsored link----------

12 Responses to “スロット規制後の将来について【悲壮感が足りてないと思う】”

  1. はーすけ より:

    私個人としては準備期間が二年ほどあってくれると前向きに捉えてます笑
    客層、機種、社会情勢もろもろ含めて後年も勝てると踏めば続けますが、納得のいく立ち回りは貫きたいものです。
    淘汰に生き残ったと思ったら、本質的には淘汰されていたなんて本末転倒ですしね。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>はーすけ様
      とりあえず今は抜くだけ抜く時期のはずなので、そういう意味での前向きさはいいと思います(・∀・)。

      スロットのいいところは他のギャンブルと違って「倍プッシュ」が出来ないという事です。
      廃業した専業の殆どは無一文になるまえに貯金を持ったまま止めています。
      そのため自分も淘汰されるまで打つつもりですが、問題はその後ですよね(当たり前の話ですが)。

      0
  2. ビブリオ より:

    近い将来に「ご覧の通りです…なにも言えません。」状態になるかもしれないですね。

    僕はこの騒動に対する答えを持ってますよ。
    言いたくないですが、教えてあげましょう…

    答えはこうだっ!「イヤォっ!」
    どう取るかはメタボ教授にお任せします。

    真面目な話、スロで生活してる人は他の分野でも食べていける人間だと思います。
    軌道に乗るのは大変でしょうが…

    ましてや、多くの読者を巻き込んで大論争を起こす程の影響力があるメタボ教授にスロ以外の力がない訳ないですよ。
    スロがなくてもメタボ教授は稼げる人間でしょう。
    少なくとも僕はそう思ってます

    0
    • メタボ教授 より:

      >>ビブリオ様
      新日は女に別れ話をして刺された棚橋が大エースで、中邑がああいうキャラやっているとは10年前から思いもしませんでした(^ ^)。
      スロットの10年後はいったいどうなっているでしょうか。
      流石に存在はしているとは思いますが、どのような状況になっているか想像もつきません。

      やっぱりスロ以外のギャンブルの話は、今最も需要がありそうなので近々じっくり語ろうと思っています。
      是非読んでやって下さいm(_ _)m

      それと自分が一番迷っているのはこのブログをどうするかですねw。
      ブログをヤメる事は考えてないですが、少し立ち止まって考えないといけない局面だと思ってます。

      0
  3. メタボ准教授 より:

    悲壮だなんだとぼやき続けても現実は何も変わりはしない。
    勇気をもって一歩踏み出せ、すべてはそこから始まっていく
    若過ぎて分からなさ過ぎても、それだからこそできることもある。
    過信は確信に迫り、やがて確実に現実と変えていく。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>メタボ准教授様
      不安を煽りすぎてすみませんです(^O^)。
      ただ自分は様々なギャンブルの経験から今回の新規制がいかに致命的であるかを伝えることが正しい判断だと思いました。
      本当は「俺がいればスロットはまだ大丈夫だ。ついて来い」というブログの方が読者を集めやすいのですがw。

      0
  4. r より:

    正しいと思うよ。
    俺にもこの業界の再生は見込めないっす。

    諦めて働こうぜ(笑)

    0
    • メタボ教授 より:

      >>r様
      そうですねw。
      自分は働く事にも何ら抵抗がありません(^^)。
      競馬を専門にやっていた時は開催がない平日はバイトしてましたし、正社員勤めの期間も長いですし。
      重要なのはいかにコスパのいい仕事を探すかという話であり、安定だけを求めた職探しはしないように昔から心がけてます。

      0
  5. しょんべるマン より:

    もう結構な期間WWE観てますが日本人スパスタはタジリサンがいちばん好きでしたなー
    今年の両国は女優の池波志乃さんがかなりハイテンションで観戦してたのが印象的でした

    0
    • メタボ教授 より:

      >>しょんべるマン様
      解説席に座って日本語でタズを「たこ焼きみたいですねえ」とディズって、試合後タズに絞め落とされていたのが一番笑いましたw。
      最近KENTAがWWEに行ったそうですが、どんなキャラになるのでしょうね(^^)。

      0
  6. たあち より:

    通常時に逆押し、または、中押しで打つようにすれば、この規定変更もかわせそうな、気のせいですかねぇ?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>たあち様
      多くの人が最低出玉の押し順で55%という解釈をしているので、おそらく無理だと思います。
      初代ミリオンゴッドはそれで通しましたので、お上もその手は想定しているはずです(・∀・)。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ