ゴールドシップ復活?阪神大賞典2014振り返り

ゴールドシップは有馬記念でオルフェーヴルに交わされて走る気を失ったのにもかかわらず自力だけで3着に来ました。このメンバーなら余裕のようにも思えますが、昨秋の事を考えると単勝1倍台では流石に買えません。
ゴールドシップが走らないと仮定して馬券を買いました。

勝因は岩田騎手がゲートから手綱を押して出して行って、暴走しなかった事です。
結果的には展開が向きました。

ゆえにバンデやアドマイヤラクティとは着差程の実力差はなく、展開次第では春天で逆転もあります。
しかし、陣営が今回のレースを春天の予行演習というテーマを持って臨んだなら本番も同じようなレースをするので、ゴールドシップを買わないといけません。

というのも昨年の春天の敗因は脚質です。
京都は3~4コーナーが下り坂のため捲くりで勝つのは難しいコースとなっています。
京都の外回りの基本は差し馬でもじっくり内で我慢する事です。
4コーナーで馬群がバラけますから包まれて何も出来ずに終了というリスクが殆どありません。

そういった意味では今回のレースは春天に向けていい予行演習になったと思います。

----------sponsored link----------


スプリングステークスは意外や意外

アジアエクスプレスが連を確保しました。
正直アジアエクスプレスは早熟性のアドバンテージで朝日杯を勝ったと思っているので、芝のレースでは一生買わないと心に決めています。
皐月ではもちろんですし、NHKマイルに出てきても買いません。

----------sponsored link----------

4 Responses to “ゴールドシップ復活?阪神大賞典2014振り返り”

  1. くればぁ より:

    こんばんは。

    私もオッズを見た時に、これではゴールドシップは買えないなと思い外して買いました。
    結果論ですが、見するレースだったなと思いました。
    結果は圧勝でしたが序盤はひやひやする場面もあり、掛かった時は一瞬、これはと色気を出してしまいました。
    天皇賞の予行演習かもしれないとの事ですが、私はゴールドシップの乗り方を見た時に菊花賞のエピファネイアみたいだなと思いました。
    素人考えですが、本番でも両者共同じような乗り方をしたら一騎討ちになるかもしれませんね。

    私もアジアエクスプレスは本番では血統的にいらないと思っています。
    勝ったロサギガンティアですが、馬の実力もさることながらデムーロジョッキーの騎乗が素晴らしかったと思います。残念な事にかは判りませんが、本番では善臣ジョッキーになるみたいですが、イスラボニータといい今年のフジキセキ産駒はラストクロップにして遂に悲願のクラシック制覇を成し遂げるかもしれませんね。
    もしそうなるなら、個人的にはロサギガンティアに勝ってもらいたいです。理由は、POG馬だからって事だけですが。期待しちゃいます。
    ちなみに教授はPOGはやってますか?。
    あと、教授のロサギガンティアについての見解と、現時点での皐月賞馬最有力候補を教えて欲しいです。
    お願いします。

    では、長文失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      そうですね。エピファネイアの神戸新聞杯も先団で折り合いを付けて3~4コーナーで仕掛けないでいい位置取りで競馬しました。
      菊花賞の予行演習になったわけです。今回のゴールドシップと同じだと思います。
      今回のゴールドシップはゲートからかなり無理に行かせましたので、春天本番では普通に先行出来るのではないでしょうか。
      ゴールドシップとエピファネイアが同じ先行策をした場合、適正的に有利なのはゴールドシップだと思います。
      ただ、馬群の中に2頭共入ってしまうと大逃げ・捲くりというのに対応出来ずに波乱もあると思います。
      とりあえず枠と指数を見て場合によっては穴馬を探そうと思います。

      皐月はまだ全然解りませんが、ロサギガンティアは内枠を引いた時にバンドワゴンのヒモという評価です。
      トゥザワールドやトーセンスターダムは右回りでそれなりのコーナリング能力を持っていますので、ロサギガンティアのコーナリング能力だと彼らと同じ位置を走っていたら先着は難しいと思います。だからバンドワゴンが4コーナーで回りの馬を突き放した時に生まれるスペースを狙うしかないと思います。東京ですが馬群突破の経験もありますし、スプリングSも内で上手く立ちまわっています。
      といった感じでバンドワゴンが粘る展開とトゥザワールドやトーセンスターダムが捲くりきる展開の2種類を今のところ想定しています。

      POGについてはやっていません。金にならないのが最大の理由ですが、金になっても完全な別種目で1から勉強しないといけないのでなかなか手が出ないです。それと周りに競馬ファンが殆どいないのも理由の一つです。ただ、もっとJRAが積極的に押し出すべき面白いゲームなのは間違いありません。それこそソーシャルゲームのユーザーを取り込める要素は十分あるので、進撃のジャパンカップなんてツマランキャンペーンなどやらずにPOGを広める方法を考えるべきだと思います。

      0
  2. くればぁ より:

    こんばんは。

    返答ありがとうございます。

    皐月はまだ全然解らないと言いつつ、もうそこまで考えているんですね。凄いです。

    確かに、周りに競馬ファンがいるかいないか、これ、かなり大きいと思います。
    やっぱ友人との競馬トークは楽しいですからね。

    では、失礼しました。

    0
    • メタボ教授 より:

      >>くればぁ様
      まああれだけ宮杯の事書いても蓋を開けてみれば馬場が全然違いましたからねえwww。
      皐月も馬場も枠も見ずに今から予想してもアレです。
      今週は大雨がらみだったので、中山の4コーナーの内側は例年以上にかなり掘れました。
      3週間後どのように調整されているか注目です。

      それと自分は競馬場WINSがない地域で長年暮らしていたのですが、そういう地域ではビックリするくらい競馬をする人がいません。
      JRAもまだまだ潜在的な需要を掘り起こす余地はあると思いますので、頑張って欲しいです。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ