マーメイドステークスとエプソムカップの両重賞を見送り

それでぶっ込んだのが函館11レースのブルーンストーンでしたが、流石に人気してました。

函館は内有利・3歳馬なので指数の跳ね上げがあるというのは皆さん知っているかと思いますが、自分がもう一つ重要視しているのが流れの経験です。

基本的には1200Mのレースに出走して前傾ラップのレースを経験している3歳馬は即通用しやすいと考えています。
一方で古馬特有の露骨に緩まないけど上がりの脚が求められる競馬は3歳馬には少ししんどいと思っています。

マーメイドステークス

G3である必要性がない位のメンバーでした。ローテーション的に強い牝馬が出てこないならヴィクトリアマイルの前哨戦になる時期に移せばいいと思います。

----------sponsored link----------


勝ち馬ディアデラマドレは強い競馬をしましたが、相手が相手だけに次がどうこうではないでしょう。

エプソムカップ

普通に考えればディサイファ堅軸なんですが、近走を見る限りこの最内枠をどう捌くかが問題となりますのでレース自体の購入を見送りました。
一番人気のマジェスティハーツは横典騎手らしい騎乗でした。
ああいう事をするのでこの騎手は本命サイドの馬に乗った時は「押さえ評価」以上にしてはいけません。
ゴールドシップも同じ可能性がありますので、軸にするのはやめて対抗評価にとどめておきます。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ