函館記念2014振り返り

函館記念が荒れる重賞と言われたのも今は昔。開催短縮となり馬場もよいままで閉幕です。
土日に重賞2つ並べても「なんだかなあ」と思います。

来週はフジのFNSの日で競馬中継が短縮されるため、どうでもいい函館2歳は来週のメインだったのですが・・・。
フジテレビの競馬中継自体がどうでもよくなったのでしょうか。

馬場は荒れず

土曜日の競馬を見る限り内有利と見ました。
そこで内枠のアドマイヤフライトを軸に同じく内枠のステラウインド、ラブイズブーシェ、外でも先行できるトウカイパラダイス、アドマイヤタイシをヒモに買ってダークシャドウにやられるという結果でした。

ダークシャドウはダンスインザダークらしくない馬で、とらえどころがありません
。母方のダマスカスの影響を受けていると自分は考えていて、日本じゃなければG1を勝っていた馬なのかなあと思います。

----------sponsored link----------


レース自体は見た目は外有利決着となりましたが、厳しい流れで内の先行馬がみんなバテたといった感じでした。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ