今回取り上げるのはパチパチマニアックス様の
【悲報】スロットノーマルタイプ終了のお知らせです。
何という正論。
ノーマルタイプは設定入れないと稼働なんて取れるわけないです。
最近では養分様ですらアイジャグベタピン放置の店と設定3を入れる店とを何となく見分けている思います。

ただ、今回のエヴァンゲリオンにも難点が沢山あるので今回はそれを紹介します。

天井到達率が高い

REGの無抽選区間まで考慮すると約4%の確率で天井に到達します。
ハイエナの目安となるBIG間400ハマリに至っては18%という達成率です。

ゆえに天井狙いで「当たるまで打つ」というケースが必然的に多くなります。
即ヤメが多いのは仕方ない話です。

----------sponsored link----------


自分は1ゲーム回して通常画面に戻して終わらせますが、終了画面放置は確かに目立ちますよね。

差玉が発生しいくい

天井に割をさいてしまったので、その分は200枚BIGという形でしわ寄せが来てしまってます。
BIG確率は1でも1/234と他の台と差別化を測りましたが、コイン持ちの悪さとボーナス告知までの長さも絡んでイマイチそれの良さが体感出来ません。

ノーマルタイプだと100ゲーム以内の連チャンでサクッと1000枚くらい出る展開を客は望んでいるのですが、今回のエヴァだと連チャンはしても1000枚出すのは難しいと思います。

下パネルのデザイン

デザインのセンス云々は語る気はないですが、あれを見て「駄クセルのバスタードが新台導入(゚Д゚)ハァ?」と思った人が10万人はいると思います。
リールの不良品ばかりで、上乗せ無理ゲーの台なんて誰も打ちたくないですよね。

それくらい筐体のデザインも大事だと思います。
例えば「赤い枠を見たら糞台と思え」というくらいニューギンアレルギーの方も多いはず。
ペルソナ4の稼働が良好だったのも枠が黄色という要因があります(本当なのかw)。

エヴァ制作側がバスタードの下パネルをパクったとは到底思えませんが、糞台と似てしまうのは市場調査不足だと言えます。本当開発者は自分の金でパチスロを打つべきですよね。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またのご訪問をお待ちしています。

-----sponsored link-----


[list cat=”134″ num=”5″]