ブラッドプラス2のハマり台狙いの期待値はどれくらい?

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

今回紹介する記事は日本一稼ぐスロット、パチンコブログ様の
ブラッドプラスのデッドオアアライブ狙いの期待値が発覚!!しかし、ちょっと注意があります!
という記事です。

まずは、スロマガがシミュレートしたBE図柄回数毎の期待値をご覧ください。
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e6%9c%9f%e5%be%85%e5%80%a4

BE図柄の確率は1/74ですので、この回数に74をかければゲーム数毎の期待値がでます。
(中略)
ただBE図柄の確率を1/74として、計算するのは危険かもしれません。

なぜなら、小役引いて、ボーナス引いたときって、必ずBE図柄揃いますよね?

----------sponsored link----------


これを含めた確率か否かがポイントです。

解析で出ている数値がどっちかわからないんですよね。

除いた確率なら問題ないですが、含めた確率ならすこし変わってきます。

スロマガを確認する限り
全てのBE揃いを合算して1/74となっているように見えます。

ボーナス当選を差っ引くのはもちろん、BE→CZ当選→ARTも差っ引いて考えないといけないですし、CZのゲーム数も考慮しないといけませんし、前兆中にフリーズ制御のBEを抽選していない可能性もあります。

実際のBE出現率は解らないですが、サイトセブンのデータ数が積み重なったのでもう一度ARTの当選率を概算してみました。

その結果、1000ゲーム以上ハマった場合のデッドオアアライブ推定当選率は約1/3000となります。

当初はもっと低い数値で「実質のハイエナ期待収支は1000円も無いだろ」と考えていました。

そのためブラッドプラス2初打ち感想記事では「ハマリ台を狙う価値は薄い」みたいな書き方となっています。

でも実際はもう少し期待値がありそうなので、謹んで訂正お詫び申し上げますm( _  _ )m

ただ上記の1/3000というのは、あくまで「浅いゲーム数と深いゲーム数のART当選率の差」を見ただけで、それが全てデッドオアアライブ当選と仮定した時の話です。

あとサミー系なので、デッドオアアライブの成功率が50%でない可能性も十分考えられます(・∀・)。

スロマガは「500ゲームハマりはBE平均6揃いで+2190円」と香ばしい解説をしていますので、今後拾えないかもしれません。

 

今回紹介した記事にも書いていましたが、こういうのは解析が出る前が勝負です。

メタボ教授は反省しないといけません。

ただ、実践値を見る限り500ハマりだとほぼ低モード域のはずなので、打つにしても1000ゲーム前後ハマった台にしましょう。

追記:

正直1000ゲームハマりでも無理して打つ必要は無いと思います。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です

----------sponsored link----------

3 Responses to “ブラッドプラス2のハマり台狙いの期待値はどれくらい?”

  1. 倒産じぃじ より:

    期待値は高いんですが時間効率がパッとしないですよね(;^_^A
    消化時間考えると他の台探してた方が効率的な気もします…

    島唄みたいに資金パンク辞めも多々有りそうなので、期待値の割に飛びつく事は少なそうですね(;^_^A

    自分も1000G程で!

    1+
  2. 倒産じぃじ より:

    連投すいません>_<

    『資金パンク辞めも多々ありそうなので…』
    のくだりは、積極的に低いゲーム数からいかなくても、パンク辞めなどの深いゲーム数が拾えそうって意味です(;^_^A

    言葉足らずでしたorz

    1+
    • メタボ教授 より:

      >>倒産じぃじ様
      通常時の初当たり確率は実践値から逆算すると約1/230で、平均ハイエナ時間は約40分です。
      もし+2000円あるなら時間効率的に全然OKですが、あくまで推定値通りにデッドオアアライブが引けて、なおかつ成功率が本当に50%だった時の話なので微妙な所です(´・ω・`)。
      自分もそこまで積極的に拾わないと思いますが、スロマガを信じて夢を追うことは否定出来ません。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ