にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

サミーの今後のラインナップは新筐体で出してくるという情報がありました。

モード1.0様のブログより引用
高性能グラフィックチップと、
疑似リールが特徴のサミー新筐体、
【INFINITY VISION】ですが、
以下の3機種のみの予定となっており、
その後は規制の関係上出せないということです。

・パチスロベヨネッタ

・機甲戦記ドラグナー

----------sponsored link----------


・龍が如く OF THE END

尚、鬼武者は専用筐体でいくとの話です。

それでパチスロベヨネッタが発表されたわけですが、サミーによる悪意の集大成「トリプルアンリミテッドリール」でした。

まあ「何というキングキャメル」ですが、これっておそらくロデオで使っていた筐体を再利用しているだけですよね。

再利用はいい事ですが、それなら販売価格を下げるという企業努力も必要かと思います。
ベヨネッタは自社版権ですし。
販売台数は25000台との事ですが、果たしてどれだけ売れるのでしょうか。

擬似リールがHITしない理由

アンリミテッドリールを始め様々な擬似リール台が撃沈して来ましたが、HITしない理由は極めて簡単だと思います。
リール制御のルールやお約束を知らない人には何も伝わりません。
逆にそれらを知っている人からすれば「これはパチスロでは無い」と感じる人が多いから駄目なのです。

結局は誰でも打てる目押し不要のスロットであればそれで十分だと思います。
モンキーターンみたいに唐突にARTが始まっても問題無いですし、沖ドキみたいにフリーズ制御でボーナス図柄を揃えれば擬似リールにする必要がありません。

逆を言うと既存のファンをつなぎとめるには「目押し不要の台を減らさない」ことを意識しないといけません。新基準機でも目押し不要の台は可能ですが(りりかるなのは)、AT自粛となれば純ボナ+ART機が更に増える事が予想されます。
純ボーナス図柄の配列や色が目押しミスを誘発するような構成だと、目押し出来ない層がパチスロを止める契機となるでしょう。
そこのところをメーカー側やホール側が気付いているかどうか心配です。

-----sponsored link-----


スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事