にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

エンターライズから大HITを飛ばした「パチスロバイオハザード5」の続編である「パチスロバイオハザード6」が導入される事になりました。

遊戯通信WEB様より引用

2015年5月26日、フィールズ株式会社は株式会社エンターライズ社製「パチスロ バイオハザード6」のプレス発表会を品川プリンスホテル アネックスタワー5階 プリンスホールにて開催した。

プレス発表会では、株式会社エンターライズ代表取締役社長 江川陽一氏から「今作品は2013年に発売致しました「パチスロ バイオハザード5」を、昨今の市場状況に合わせる中で、しっかり楽しんで頂けるよう踏襲する部分と新たな試みを融合させた結果、自信をもってお届けできる遊技機に仕上がったと開発一同思っております。前作をプレイしていない新たなユーザーの方にも、また前作をプレイして頂いた方にも楽しめるものとなっております。特に増殖・変異といったバイオハザードならではの演出、また上乗せ特化ゾーン・シューティングバーストなど楽しんで頂けたらと思います。」と、「パチスロ バイオハザード6」への意気込みが語られた。
バイオハザード6

----------sponsored link----------

導入日は2015年7月6日からだそうです。
スペックやゲーム性は既に明らかになっています。

ベタピンスロットまとめ様より引用

純増2.3枚のART機でコイン持ちは1K=約40枚です。

擬似ボーナス ART初当たり 機械割
設定1 1/1024 1/336.1 97.58%
設定2 1/1024 1/319.4 98.77%
設定3 1/1024 1/302.1 99.98%
設定4 1/1024 1/262.3 103.12%
設定5 1/1024 1/216.5 107.15%
設定6 1/1024 1/181.3 114.56%

ゲーム性は基本前作を踏襲しています。
自力解除ゾーンはハザードバトルとパニックゾーンの2種類です。

ハザードバトル(継続G数が10G+α)
ミッションクリアーでARTに突入します。当選期待度約35%です。

パニックゾーン(継続G数は20G)
毎G全役でART抽選します。ART当選期待度約60%です。

それとは別に今回は1/1024でボーナスが当選します。(エイダボーナス)
獲得枚数:約150枚
消化中は全小役でポイント獲得抽選してそのポイントが貯まれば貯まるほど最後のバトルに勝ちやすくなります。
バトル勝利でARTが当選となります。当選期待度は約50%です。

ART中のボーナスはエクストラボーナスとなり、ポイント抽選ではなくG数上乗せ抽選となります。

ARTは1セット50ゲームでエピソードという擬似ボーナスが付いてくるのも前作と同じです。

天井は32Gor100Gor999Gのいずれかから選択されますが、ほぼ999ゲームだと考えられます。

エンターライズはまた純増2.3枚とか言っているのか(#・∀・)

そもそもブラックラグーン2しかり、モンキーターン2しかり、前作がある程度HITした台の続編は前作を踏襲してしまうと飽きられが早い傾向があります。

逆に続編モノで前の台よりHITしたと言えば戦国コレクション2だと思います。
その違いは何なのでしょう。

戦国コレクション2がHITした理由

萌え武将を多くぶっ込んだからではなく、前作を打った人がそんなにいないという点があります。
個人的には初代バジリスクはそんなにHITしてなかったからこそ基本ゲーム性が似ている絆が長期稼働していると考えています。

それと戦国コレクション2は通常時のゲーム性を大幅に変えたのも良かったと自分は考えています。
この台はいわゆるあべシステムです。

128を超えれば基本900あたりまでノーストップですが、その代わり天国に入れば高ループしますし、あべシステムが絡めば実質ATの初当たりが連チャンします。
AT1回あたりの期待獲得枚数や出玉分布は前作同様にマイルドですが、通常時のゲーム性を変えた事によりギャンブル性が高くなりました。

例えば最大持ち玉数(MY)の数字が重要視される昨今、戦国コレクション2は2000枚突破率も優秀です。

モード1.0様のブログより引用
2,000枚OVER率の高い順に並び替えておきます。

戦国コレクション2 86% 3.50円
ミリオンゴッド神々の系譜 79% 4.30円
アナザーゴッドハーデス 77% 4.10円
沖ドキ! 76% 4.10円
新鬼武者再臨 72% 4.00円
モンスターハンター月下雷鳴 71% 3.50円
アラジンAⅡ 70% 4.10円
スーパービンゴネオ 69% 4.40円
北斗の拳転生の章 67% 3.50円
まどかマギカ 65% 3.00円
バジリスクⅡ 64% 3.30円
サイバーブルー 64% 3.60円
黄門ちゃま 61% 3.30円
押忍サラリーマン番長 60% 3.20円
ベルセルク 55% 3.00円

甘辛にも左右されますが、単価に見合った2,000枚OVER率があるかどうか。
これはヒット機種かどうかをはかる一つの指標にして良いと思います。

この2000枚という数字に特別な意味はないように思いますが、自分の考えだと「出したらとりあえず満足する出玉」が2000枚前後なのかなと思います。
最近の台の1日の平均投資枚数は2000枚~3000枚ですから1回2000枚オーバーを出せれば基本浮きます。そこで止めればプラスで終われますし、その後突っ込んで負けても納得の負け(笑)になります。
以前はこのラインが1000枚や1500枚だったわけですが、昨今の爆裂AT・ART機によりその基準は変わりました。

ちなみに前作のバイオハザード5は戦国コレクションとは逆で一撃の性能を上げた作りでした。
その分、単発が続くことも多かったと思います。
あの当時はそれで良かったのですが、今は少し違うはず。
前作を踏襲して作っているのならそこが心配です。

果たしてエンターライズはそこまで考えて作っているのでしょうか。
デビル・メイ・クライ4や戦国BASARA3の失敗からきちんと学習していれば多少は改善しているとは思いますが・・・。

追記:実際に打ってみた感想⇒バイオハザード6初打ち感想と天井・リセ後ハイエナについて

-----sponsored link-----

スロットブログ村

スロット日記

トラコミュ たま転ッ☆エキサイ珍!

メタボ教授パチスロ研究室新着記事