9月の保通協形式試験における適合パチスロ機種が47件中3件だった件

残念な事にお上のスロット殺しは徹底しているようです。
9月の保通協形式試験における適合パチスロ機種が47件中3件www不適合機種多すぎワロタwwwww(スロ板RUSH様)
です。

完全に
オワタ

自分が知るかぎりは過去最低の適合率だと思います。
原因は色々推測されていますが、保通協のHPをチェックしている限りだと切り替わる9月16日以降にスロットの予約が多かったという側面もあると思います。
要は9月16日以降にスロットの予約が多かったからそれを見計らって変えちゃったわけですね。

まさに外道

 追記:今回発表された情報は8月のものだったそうです。すみません無知でm(_  _)m
つまり9月のものは来月発表されるそうです。

駆け込み台で気をつける点

----------sponsored link----------


4号機終了時も駆け込みで粗悪品が沢山出ましたし、今回もああいう粗悪品がいくつか出てくるだろうと思いました。規制といえば2012年春に押し順小役規制が入ると噂され、突貫工事で滑り込みんだようにしか見えなかった鉄拳デビルという台が世の中に出回りました。

最後のAT機が何であるか現状不明ですが、9月前半に通った台で気をつけるのは機械割です。

検定というのは試射試験中時間・長時間出玉率が運任せだと言われていて、何度も持ち込んで通るのを祈るというような状態だそうです。
今回は絶対に落とせないので中時間・長時間出玉率を下げるために高設定域の出玉性能(機械割)を下げた台を申請したと考えられます。先ほど名前を出した鉄拳デビルも設定6が110%あるという発表でしたが、解析シュミレートすると106%、ホール割は105%しか無かったそうです。
低設定は甘めのホール割だったはずなので高設定域だけ詐称していたのだと思います。

といった感じで間違っても設定狙いなんてする事はないようにしましょう。
最後の3台は何かは現状解りませんけど。

保通協の予定を見ると

10月はスロットの予定無さ過ぎワロタwww。
保通協10月の予約状況
おそらく決算月の3月末までには新しい規制に対応したスロット台を販売したいはずです。過去の事例から推察するに年明けまでには通さないと製造⇒納品には間に合わないと思います。

となるとこれまた大突貫工事が目に見えています。
つまり新規制台は間違いなく純度100%の糞です。

ホールは新規制台を買うのは春以降にしてマイナー中古AT機を新台として導入する事をオススメします。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
バナーポチのご協力お願いします。

-----sponsored link-----


----------sponsored link----------

4 Responses to “9月の保通協形式試験における適合パチスロ機種が47件中3件だった件”

  1. はーすけ より:

    適合したものがそのまま優秀なものじゃないって所もこの業界はって感じですよね笑

    0
    • メタボ教授 より:

      >>はーすけ様
      強制基板で試し打ちしただけで、40万の機械を買う状態がおかしいわけで、保通協も試射試験の様子を動画公開してくれればこの業界はもっとよくなるはずですが・・・。

      0
  2. ベルリプなどで引っ掛かったのも多いみたいですが、
    それ以前にATだったのが災いしていたのは間違いないでしょうね。

    鉄拳・蒼天・サラ番長の寿命が少しでも延命されるのなら
    ホール側もハイエナ側もひとまず来年までは凌げそうなんですが、
    ホール状況を見る限り、その目論見も露と消えそうです。

    自分が通うホールでは入れ替わる台数がガクンと減り、
    銭形・北斗転生・バジ絆・バジⅡ・まどマギにおいて
    稼働が何故か持ち直す不思議な現象が起こりつつあります。
    言い換えればバットマン・BASARA3・やじきた・バーチャが
    いかにク○台であるかの裏返してもあるんですが、
    メタボ教授さんの地域ではどのような感じになっていますか?

    0
    • メタボ教授 より:

      >>浪速の風来坊様
      銭形は流石に撤去か全く動かずですが、まどマギは根強く動いているケースを多々見ます。
      バットマン・BASARA3は悲惨です(´・ω・`)。

      店によっては鉄拳3が全く動いてないのが少し心配です。
      自分は面白いと思いますが、やはり1~300手前まで回す人はあまりに当たらずに絶望しかないのかもしれません。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ