にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

昨日は競馬の凱旋門賞が行われて
日本から遠征したマカヒキは14着に敗れました。

気になったのは売上が想定以上にあった事です。

今回の凱旋門賞はJRAが初めて馬券を売り出しました。

国内において合法的に海外へのブックメーカー行為が展開された歴史的な日だったと思います。

----------sponsored link----------

その初回だった事もあり、注目度が高かったわけですが、かなりの売上となりました。

売れた原因の一つに「夜に販売した」というのが考えられます。

ギャンブルの開催は一般的に夜に行った方が売上が伸びやすいです。

平日はもちろん、土日も昼間が忙しい人は沢山いますから。

そのため、他のギャンブルはナイター開催にどんどんシフトしていっています。

現行法律上

JRAはナイター開催が不可能です。

そのためナイター設備も所持していません。

しかし、今回のようにヨーロッパの馬券を売れば夜も競馬が楽しめます。

今後はヨーロッパ(ドバイ)の馬券販売に力を注ぐ可能性が高いです。

近い将来は法律を変えてナイター競馬もやるかもしれません。

対抗策を考えないと

JRAが夜の時間帯に進出してくるとなると、パチ業界もピンチです。

パチスロは新内規となり、純増が遅くなりました。

通常ゲームも間延びしました。

ブラッドプラス2のように4桁上乗せがある台まで登場しました。

出玉スピードをどうにかしないと仕事帰りの人に打ってもらえなくなるでしょう。

個人的には1撃フラグ規制は今より強化しても構わないので、純増3枚のAT機の自主規制は止めるべきだと思っています。

パチンコもクソ長いロングST機なんて必要ありません。

そもそも、出玉が削られるロングST機は打ってて苦痛です。

出玉保証復活

すればみんな心置きなくART機を閉店間際まで打ってくれるでしょう。

もちろん警察がNGを出しているから駄目なのですが、法的な根拠はありません。

どうにかならないでしょうか。

閉店保証を各店舗の裁量でやるのではなく、台にART中の期待収支を計算させて全店が同じ基準で閉店保証をすれば警察にOKを貰えるチャンスはあると思います。

ダメ元でもチャレンジしないと、会社帰りのサラリーマンを他のギャンブルに奪われてからでは遅いです。

-----sponsored link-----

スロットブログ村

スロット日記

スロットブログ村全体ランキング

メタボ教授の他のブログ

メタボ教授の競馬予想ブログ

個人の感想です