オーシャンステークス・弥生賞振り返り2014

春のG1シーズンが直ぐそこまでやってきて今週は前哨戦3重賞が組まれました。

オーシャンステークス

オーシャンステークスには魔物が潜んでいて本当に強い馬でも2桁着順に負ける可能性があるレースです。まあここから始動という馬が多く仕上がってないケースが多々あるからだと思います。

ハクサンムーンも同じような評価です。
着差のついた大敗は逃げ馬なので気にしなくていいと思います。

ただ宮杯は逃げ馬が結構揃う可能性があります。
この馬は速いペースで逃げてそのまま押し切るというより、逃げてなおかつ早い上がりが使えるという馬なので、自分の競馬が出来る条件が狭いと思います。
実力は疑いようがないので過剰人気しなければもちろん買いますが、宮杯はレディオブオペラか後方待機策の馬を買いたいですね。

----------sponsored link----------


チューリップ賞

まあ本番で人気でもハーブスターを切る理由はないですよね。
文句のない勝利でした。

弥生賞

トゥザワールドは前走でコーナリング適正を見せたので、ここでも切る理由は無かったです。
今週の時計がかかる馬場にも対応出来たのはお兄さんと一緒でトィザビクトリーの血の影響だと思います。
皐月賞でももちろん買うべきですが、最後に詰め寄られた点は少し気がかりです。
今回は力を出しきれたはずなので次回の指数的な上積みは相対的に少ないはず。
皐月賞で自分の力を出しきっても2着・3着と仮定した買い方を自分はしてみようと思います。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ