阪神JF2013振り返り

逃げ馬同士の先行争いが激しく、阪神外回りにしては珍しく緩まないペースになったと思ったのですが、上位3頭はしっかり末脚を使って1分33秒台で走破しています。3歳でこれだけ走れる馬が3頭もいれば桜花賞も波乱ナシかもしれません。

勝ったレッドリヴェールは内で足を溜めて4コーナーで上手く外に出しました。泥んこの札幌2歳を使った馬なので状態が悪いと予想され真っ先に消しましたが、きちんと仕上がっていました。ただお父さんがステイゴールドなのでペースがもう少し緩めば阪神1600Mでは苦戦するような気がします。外枠を引いても厳しいと思います。なのでハーブスターの方が人気でも押さえておかないといけないでしょう。
フォーエバーモアもなかなかの競馬をしましたが、関東馬は一冬越して春になるまでに栗東坂路留学しないと桜花賞では厳しい傾向があるだけにこれからのローテーションが注目です。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ