菊花賞2013振り返り

菊花賞は雨の降り方が微妙でした。ペースが速いとスタミナ型が来ますし、遅いと前が残ります。神戸新聞杯の振り返りで「エピファネイアは予行演習バッチシ」と書きました。とは言ったものの福永騎手は馬群の中で我慢が出来るかどうかがポイントでした。一番やってはいけないのは馬群に閉じ込められる事を嫌って最後尾に下げる事です。京都の外回りで最後尾からの競馬は非常に難しくなります。早仕掛けすれば問題ないですが、坂の下りで仕掛ける事になるとまず勝てません。そもそも京都の外回りは4コーナーで馬群がバラけるのわざわざ下げて外に出す必要性は全くないです。福永騎手はそう事が全て解っているので京都の外回りでは信頼して買えます。
ただ唯一の心配は前残りです。4コーナーで前が開けても「時既に遅し」という可能性があるのも京都外回りの特徴です。バンデも(ΦωΦ)大将も血統的には不良馬場が得意なので前残りも十分考えられます。ぬこ大賞は2走前で馬が壊れてしまって休みを取ってないので走れる状態ではないと判断して切りましたが、バンデは人気でも押さえました。それと不良馬場という発表でもステゴ産駒が来れるレベルの荒れぐらいでしたので、ケイアイチョウサンも押さえました。もちろん超スタミナ展開も考えてヤマイチパートナーも買いました。
雨の降り方が中途半端なのでこのように色々なパターンを押さえた買い方となります。しかし、1番人気から多く買うわけにはいけないので、いつもの「岩田だからとりあえず押さえとこ」が発動せずに撃沈しました。

レースは福永騎手の乗り方が全てでした。唯一の負け要因である前残りを防ぐためにバンデの真後ろに構えます。そこで頑張って折り合いをつけたわけですから満点の騎乗です。他の騎手ではこうはいきません。逆を言うとバンデは1コーナーで無理やり押さえる必要がありませんでしたし、2周目バックストレートで猫大塩が下がってきた時にスパートしていれば、2着どころかエピファネイアといい勝負になっていたと思います。ケイアイチョウサンは注文通りの競馬でしたが、横典指定席である2着を確保出来なかったのは馬の実力だと思います。ヤマイチパートナーの騎乗もあれで良かったと思います。4コーナー大外に持ち出して「これはもしや2着あるかも」という脚色でしたが、残り300Mで大失速です。坂の下り方が悪かったのか、大外は走りにくかったのかは解りませんが、人気馬が先行したので一発を狙うならあの位置取りでいいでしょう。

それでエピファネイアの評価ですが、今のままだと有馬記念は全く勝負にならないと思います。あの馬場を克服できて距離も大丈夫だったのはスペシャルウィークの血の影響だと思います。そう考えるとコーナリング性能や加速力が求められる有馬記念では凡走の危険性が高いです。JCなら枠とメンバー次第でしょうね。メタボ教授の希望はもちろん有馬記念に参戦して欲しいです。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ