競馬の話2013年10月2週目「馬場の手入れをきちんとしろJRA」

まあ愚痴なんですけどね。秋華賞は久々の大勝負でした。メタボ教授の馬券スタイルは基本大穴狙いです。桜花賞、オークス、ローズステークスでコロコロ着順が入れ替わる年は大穴が炸裂する年なので、それはもう楽しみで仕方ありませんでした。穴パターンは実力の無い人気馬が外を回して内から馬群突破した人気薄が穴を開けると判断しました。5枠より外の馬はバッサリ、栗東滞在してない関東馬もバッサリ。2番人気のスマートレイアは武豊騎手で人気になって最内枠で馬群突破経験もないので最後尾から大外ブン回しが確定しているためこちらもバッサリ。いやあもう簡単なレースです。

本当4コーナーまでわりと真面目に「取った」と思ってました。ところがです。馬場が外伸びで上がり比べになったので、メタボ教授が切った馬が掲示板上位独占。京都は開幕週から外が伸びてはいるのですが、1つ前のレースを見る限り内回りなら大丈夫だろうと判断しました。しかし、大丈夫ではありませんでした。最後尾追走で一発狙う横典騎手が外を回した以上、明らかに外が伸びる芝丈だったのだと思います。更に後でパトロールVTRを見ると例年より3コーナーから4コーナーまで荒れていました。JRAが武兄弟を1.2するための陰謀かと思ってしまいます。

ただ逃げ馬・先行馬に乗るジョッキーも馬場状況が解っているならああいう競馬にはならなかったでしょう。4コーナーの侵入馬群を縦長になるように早仕掛けをすれば、外を回る馬は馬場のいい所まで行く事が出来なかったはずです。まあ重ねていいますが愚痴なんですけどね。次走への評価は「外を回した馬は状況が向いただけ」と判断します。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ