秋の天皇賞2013振り返り

予想のポイントはトウケイヘイローの逃げです。シルポートの大逃げはみんな無視しますが、武豊騎手が乗ったトウケイヘイローの逃げはそうはいきません。ジェンティルドンナはついて行くしかないのです。一方エイシンフラッシュはロングスパートレースが苦手なので昨年みたいに馬群の内でじっと我慢する事が必要です。デムーロはそれを理解しているはずなので前2頭に着いて行く馬鹿なマネはしないだろうと考えました。となるとジェンティルドンナとエイシンフラッシュを切ることが出来ないのです。という事で競馬は早々に切り上げて、ウルトラマンウォーズのハイエナで稼ぐためにパチンコ店へ行きました。馬券は無理やり穴馬探してトーセンジョーダンから1000円買って終了。馬体重を見る限り走る前から勝負にならなかったようです。1000円すら勿体無かったですね。

レースは位置取り競馬だったと思います。一流馬が東京競馬場の1分57秒で走破出来る馬場で35秒や36秒で上がって来るような流れです。福永騎手の位置取りがドンピシャでした。ゆえに前に行って凌ぎ切ったジェンティルドンナがこの中では一番強い競馬だと思います。逆に言うと後ろから行ったのに上位に来れなかった馬はJCの巻き返しはないと思います。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ