武豊騎手がG1レース100勝達成

今年のマイルチャンピオンシップのレースの展開予想は簡単でした。シルポート大先生が引退し、縦長の流れを作る逃げ馬がいなかったのです。コパノリチャードは前走1400Mで好走なので距離延長となると騎手が抑える可能性が高いと考えられます。一方クラレントは騎手が出していく可能性がありましたが、離して逃げるだけのスピードを見せた事がないのです。こうなると馬群が密集する競馬となり、差し馬有利となります。京都の外回りは逃げ馬が残りやすい印象があると思いますが、逃げ馬が4コーナーまで足を貯めても下り坂で加速した差し馬に一瞬にして追いつかれるのです。となると買うべきは純粋なトップスピードがある馬だと考えてダノンシャーク軸で買いました。

ところがです。ダノンシャークを筆頭に持続力がない馬が止まる展開となりました。コパノリチャードは無理やり押さえていたように見えますが、それなりのペースは作り出していたのです。更に4コーナー手前で浜中騎手は手綱を緩めたのでペースがあがりました。これでは外外を回した馬には厳しいです。

トーセンラーが京都得意な理由は下り坂で適切な加速力を得られるからです。この馬は加速力がとにかくありませんので、小回り坂のあるコースはロングスパートレースにならない限り来ないのですが、京都の外回りではそういう弱点が打ち消されるのです。ただ今回は実質初めてのマイルのレースでした。道中追走に手間取る可能性がありましたので切りました。しかし、調教をマイル仕様に切り替えた結果がすぐに出たようです。個人的にはレース経験が伴わないと古馬G1は取れないと思っているので、安田記念のロードカナロアも今回のトーセンラーも買えませんでした。時代が変わったのか、ダノンシャークが一番人気になる時点でマイル路線が手薄いだけなのか、果たしてどちらなのでしょう。

武豊騎手に関しては前人未到の大記録達成で素晴らしいとしかいいようがありません。だから1勝分でいいので賞金分けて下さい。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ