有馬記念予想2008

という事で当ブログ恒例の当たらない有馬記念予想。今年も馬券を買ってはいけないレースですが、観戦料は払わないといけません。
 まず馬場ですが、例年より少しいい馬場なので内が少し有利かもしれません。路面状況は相変わらずダート血統優位だと思いますが、朝日杯みたいにダート血統有利の結果にならないのが有馬記念です。それは朝日杯は1コーナーまでの先行争いの激しのに対して有馬記念はまずは折り合いからという競馬になりやすいので、展開の差からくるものだと思います。
それでは各馬の解説を。

1、カワカミプリンセス
 横山典騎手が乗って全く別の馬として考える必要があります。本田騎手が乗っていた時は早めに仕掛けてスタミナ勝負に持ち込んでいました。要は自分で競馬を作っていたわけです。これは一長一短がありまして、弱い牝馬相手には確実に勝利出来ますが、古馬混合G1ならかえって裏目に陥る可能性もあるのです。
 一方で横山典騎手はいつも通りの燃費職人ぷりを発揮しています。前走エリザベス女王杯は彼なりに早めに仕掛けたのですが、結果的にはあれでも遅かったと思います。血統的には路面も合っていますしスタミナ勝負になれば後方から突っ込んでくる可能性もあります。

2、ベンチャーナイン
 本当この馬過去5走以上連続して展開が向いてないのでどこかで買いたいのですが・・・。今回は善臣大先生ですし、相手は強いし、馬券圏内に来るのは難しいと思います。かと言って5着くらいに来て次走人気になるのは勘弁して欲しいです。

3、コスモバルク
 松岡騎手が乗り出してからは直線でヨレる事が少なくなりました。逆を言えば空気のような存在となっています。昨年の展開や路面状況だと全盛期のコスモバルクなら馬券圏内に来れるはずでした。しかし結果は10着。さすがに今年上積みは無いでしょう。今回も空気の存在である事を祈ります。

4.、エアジパング
 父エルコンドルパサーに母父ヘイロー。今の中山なら積極的に買いたい血統です。しかし、前走は燃費職人横典の一発がハマった感じがします。上がり3Fが34秒台が求められる例年の有馬記念ならまず来ないはず。オーバーペース時に警戒しておくくらいでよいでしょう。

----------sponsored link----------


5、フローテーション
父スペシャルウィークに母父リアルシャダイ。字面の血統通りターントゥ系の中では加速力が全く無い馬だと思います。菊花賞のように前が止まった時やステイヤーズステークスのように前々でスタミナを生かす競馬がこの馬の持ち味です。逆を言えば例年の有馬みたいに4コーナーからもう1加速求められる競馬ならばルメールの力を持ってしても厳しいのではないかと思います。

6、エアシェイディ
 春先からオールカマーまで展開が向きませんでしたが、秋の天皇賞で久々に力を出し切りました。ゆえにダイワスカーレットを逆転するのは難しいわけですが、今回も力を出し切れれば馬券圏内には来れるのではと考える事も出来ます。配合的には距離が伸びていいとは思えませんが、同じような配合であるダイワメジャーも好走したように中山2500はガソリン量が求められる展開になりにくい傾向があります。
 ただ秋の天皇賞は相当消耗が激しい競馬でしたのでダイワスカーレットと同様に疲れが出たようです。状態が非常に気になります。しっかり調教を積んでいるか、馬体は太くないかを事前にチェックする必要があるでしょう。

7、アルナスライン
 近走はもう1パンチ足らない競馬が続いています。この馬は加速力がありません。上がり4Fの勝負では上位に来ますが上がり3Fのレースとなると全くいい所が無いとという感じがします。それゆえに今回はペリエを使ってきたのが少し引っ掛かります。ペリエは脚を溜めるという意識は無いジョッキーですので、早め早めの競馬となります。ゆえにいい方に出てもダイワやマツリダのヒモにしかなりませんし、悪い方に出ればどこにもいないはずです。

8、スクリーンヒーロー
 配合的には道中緩んで上がりのトップスピード比べが向くと思いますが、JCはまさにそのような競馬だったと思います。ゆえにフロッグだと思いますが、今回も路面は合っていますし、展開も道中は緩みそうですし、デムーロは馬場のいい所を確実にトレースするためにもう一丁馬券に絡む可能性も十分あるでしょう。ただ一方でマツリダゴッホが捲くってG1級の流れになった時に付き合ってしまえばどこにもいない可能性もあります。

9、メイショウサムソン
 冬場調子を落とすという説もあり、引退レースでもありますから積極的には買える馬ではありません。ただ前走前々走は力を全く出し切っていませんし、春先まではいちおう最強クラスでしたから来てもおかしくないと思います。武豊が今回もリスク回避のどっち付かずの競馬をして6着くらいが私の希望的観測です。

10、マツリダゴッホ
 昨年うっかり無印にして大恥をかきましたが、この馬が中山で強い理由は右回り王グラスワンダーを彷彿させる抜群のコーナリング性能だと思います。前走はコーナリング能力が発揮されなくても、枠順と脚質から力を出し切れると判断して馬券を買いましたので今回も買わざるを得ません。唯一の不安点はこの馬を含めて有力馬は4コーナーで前に来ますから中山の坂で止まって後ろからドカンという可能性があると思います。ほとんどの人が今年も昨年の1・2で決まると思っているでしょうけど、昨年と今年は路面状態が違います。昨年は湿った馬場でしたので、差しは全く届かない馬場だったのです。今年は良馬場ですので、必ずしも昨年のリプレイとなるとは思いません。さすがに今年は外々を捲くらなければいけないのでダイワスカーレットを捉えて1着でゴール板を迎えるというのはそんなに簡単ではないはずです。

11、ドリームジャーニー
 ステイゴールド産駒は他のサンデー系と比べてトップスピードが低いので上がりの勝負はあまり得意としません。雨が降って重馬場になったり、ハイペースだったりで上がりが遅い競馬に強いのがこの血統の特徴です。ただ他のスタミナ馬とは違って加速力があるので、中山のような小回りの方が相対的に有利になります。今年は有力馬が前目にいるので、オーバーペース気味なら大外からまとめて差し切りという可能性もあるでしょう。
 ただこの馬は他のステイゴールド産駒と違ってスリックタイヤ(勝ち時計が早い馬場で向いている)が優勢なレースで好走していますので、今の中山の馬場になってプラスかマイナスかというのがはっきり解りません。

12、アサクサキングス
 ドリームジャーニーと一緒で、オーバーペース気味なら馬券圏内へもあると思います。しかし、ドリームジャーニーはいつも脚をためて気持ちよく後方一気なのに対して、この馬の場合は枠順と騎手的にダラダラと外々追走しそうなのであまり買いたくはありません。

13、ダイワスカーレット
 秋の天皇賞で一番強い競馬をしましたが、その分ダメージも相当大きかったと思われます。早々にJC回避を表明したのには好感が持てます。今までずっと馬券圏内を外した事が無いわけですから、無理矢理消してはいけないのは言うまでもありません。しかし、あえて重箱の隅をつつきます。まずアグネスタキオン産駒は早熟のような気がします。また昨年は湿った馬場を先行してこの馬に逃げ残って下さいという競馬でしたので馬場が乾いた今年はどうでしょうか。

14、アドマイヤモナーク
 ここ2走展開が向いていないのは事実ですが、実力的には厳しいと思います。また同じ8枠でも先行して内内を回るダイワスカーレットと違ってこちらは道中も外外回す可能性が高いわけですから割引が必要でしょう。

という事で
買い目は3通り
まずは例年通りの上がり勝負でスクリーンヒーローもう一丁という競馬を期待して
3連単フォーメーション
1着10、8
2着10、8、
3着13、6、7

あとスクリーンヒーローがいなくなった場合。
3連単フォーメーション
1着10
2着13
3着6、7

後は1年の締めは池添のガッツポーズかよという展開
3連単フォーメーション
1着
11
2着
1、10
3着
1、10、13、4
1点100円でも1400円と高い観戦料ですな。まあ5%の上乗せがあるので
もっと手広く流してもいいですが、他の対象レースに資金を回します。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ