先週に引き続き来月発表予定の「おやじと会長が選ぶ夜からスロッターの機種ランキング2010」に漏れた機種を取り上げたいと思います。今回はパチスロスーパー海物語です。取りこぼしが無い配列と7絵柄の目押しのしやすさからジャグラーと並ぶ「スロ初心者向けの台」として地位を確立しつつある本台。導入当初は「初心者向けで、高設定も空き台になりやすいから稼げる」と思っていました。ところがスランプグラフのいい台を打ちはしたものの結果は芳しくありません。何故結果が出ないかあれこれ考えた結果一つの結論にたどりつきました。
「高設定が入ってないのでは?」
そういう話なら店が悪いという結論であり、ここであえて取り上げる必要が無い話です。しかし、海物語はエヴァやうる星やつら2など他のノーマル機と決定的な違いがあります。それは出玉に関係しない設定看破要素が圧倒的に少ない点です(ジャグラーほどではありませんが)。これによりどういう現象が起きるかというと「中間設定を入れても高設定だと思って打ってくれる」という点です。前々回「ジャグラーの設定3には気をつけろ」と言いました が、同じような話です。
例えばパチスロスーパー海物語が8台設置しているとしましょう。
A店:機械割110%の設定6が1台、機械割98%の1が7台
B店:機械割100%の設定3が6台、機械割98%の1が2台
機械割の平均はどちらも99.5%。ではどちらの店の方が稼働がいいでしょうか?
もちろん答えはB店です。何故なら設定3の半分は高設定ぽい挙動をするからです。ちゃんと設定判別している人ですら設定3のマグレ吹きを喜んで追います。エヴァ魂だとこうはいきません。
上で挙げた設定配分はあくまで仮定の話です。実戦上は、設定3が2台、設定2が4台、設定1が2台といった配分になるのだと思います。これでも8台の内2~3台はプラス域で推移する計算です。
夜からスロッターが打てるモノではありません。

 私の地域ではノーマルタイプで言うと「うる星やつら2」や「カイジ2」が未だ現役です。しかし、設定5・6で見られる「綺麗な右肩上がり」のスランプグラフは最近見てません。おそらくカチカチ君を持って朝から列んで高設定をガッツリ狙う人は鬼武者かエヴァに座るからだと思います。そういう人たちも大事な養分いやお客さんだと考えるなら高設定は鬼武者かエヴァに入れますよね。一方でノーマルタイプは設定2・3をできるだけ多くの台数に入れて常連のオジサン・オバサンにまったり遊んでもらおうというのが優良店の考えではないでしょうか。という事で収支が全く上がらないのでノーマルタイプには極力触らないようにしています。閉店前に海物語・うる星やつら2・カイジ2・ケロット・パルサーのスランプグラフをチェックして下さい。綺麗な右肩上がりの台は何台あるでしょうか。おそらく1台くらいはあるはずですが、それは設定6を遥かに上回る確率でBIGを引いただけの可能性もあります。そういう店ならノーマルタイプ中心の立ち回りは止めておくべきでしょう。もちろん店の設定の使い方の問題ですので、確実に高設定が入る店やイベントなら狙っても構いません。

 ところで、「出番だ葉月ちゃん」は新台という理由からか私の地域でも高設定が混じっているようです。これだけはノーマルタイプでも触っています。もちろん半年後には設定1と設定2のオンパレードでしょう。ただ出番だ葉月ちゃんには1点だけ夜からスロッターにとってありがたい要素があります。という事で「夜からスロッターの機種ランキング2010」にも入れるつもりですので、詳しい解説は次回に。
 どんな機種がランクインするのか?巷で話題沸騰の「走れメロス」の評価は?業界が一切注目しないランキングの発表は来月中旬~下旬予定となります。