パチスロの話その44「新台ラッシュも落ち着き」

7月に出る予定の台もお尻ペンペンにしか興味がないおやじと会長です。相変わらず島娘とスカイラブ4で「ベタピン放置上等」の立ち回りをしています。今週導入された「鉄のラインバレル」も触りましたが、結論は打つ価値無しです。スパイキーの台はプロゴルファー猿にせよブラックラグーンにせよ攻めどころが存在しないのです。低設定を辛く作っているからか、もしくは「ハイエナ殺し」を意識して作っているのかよく解りませんが、解析が出て熟読しても「こういう条件の台を打てばOK」というポイントが見当たりません。おそらく鉄のラインバレルも同じような作りだと思います。天井に行けばそれなりの爆発は期待出来るのでしょうが、850Gあたりに天井潰しのCZが存在するようです。まあ700Gハマリの台が落ちていたら打ちますが、現実はなかなか落ちてないですからね。あと少し話が逸れますが、この台の一番ツマラナイ点は色々な複合役が存在している点です。弱フラグが通常時もART中も全く仕事をしないのにそれが複合しても全く意味がありません。大したG数を打っていませんが、小役が全く仕事をせずに850G付近で認証モードからART単発しか経験してません。ホール関係者は設定1をちゃんと打って購入しているのですかね。

島娘とスカイラブ4も日に日に状況が悪くなっているので、そろそろ設定狙いをする事も考えないといけません。ところが最近夜からホールに行っても高設定かどうかを判断出来るほど回されてない台ばかりです。それほど20スロを打つ客が減りました。そりゃコードギアスやパイレーツワールドなんて朝から掘っても低設定だと解った時点で大怪我を負ってますからね。毎日大怪我を負えばいずれ破綻します。まあここ1年の新台大量投入ラッシュを見れば 20スロの客が飛ぶのは容易に想像出来たでしょう。
店側はこの状況にどう対応して行くのでしょうか。8月の押忍山佐番長まで大量導入機械が存在しません。ゆえに馬鹿の一つ覚えみたいに新台で客を引く事が出来ません。7月の店の対応に注目しましょう。ちゃんとした店なら設定を入れて客を引こうとするはずです。このタイミングで設定を全く入れる気がないならその店を見切ってもいいと思います。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ