パチスロの話その36「まだ間に合う番長2のゾーン狙い」

パチスロの話を久々の更新。更新しなかった理由は忙しかっただけです。追いつくために来週も再来週も更新予定です。今回は番長のゾーン狙いの改訂版について話しようと思います。というのも雑誌でゾーン狙い後の96G止め期待値云々とか0G止め期待値云々とか書いていまして、その数字だけを見て
「番長2のゾーン狙いに旨みなし」
と考える人が多いからです。

私は雑誌ライターの取ったデータを尊重しますが、それを「ゾーン狙いに旨みなし」と解釈しません。彼らは実践データから特定部分を抽出して数値を出しているだけで、きちんと立ち回れば彼らが出している平均値を容易に上回る事が出来るからです。その要点をまとめたいと思います。

前にも言いましたがゾーン狙いはモードAの200G、400G、600G狙いに限定します。今回はモードAの200G台のゾーン狙い実践を例にとり、打ち始めから打ち終わりまでを解説します。

打ち始め

まず前回のボーナス当選G数を確認しておきましょう。モードA狙いをしたつもりがモードBだったら無駄打ちになります。前回の当たりにおいてモードAに滞在している可能性が高いのは
①96G以内の解除
②200G・400G・600G台の解除
③100G台後半、300G台、 800G~1000Gの解除
④500G台、700G台の解除
の順番となります。
③や④でもモードAに50%以上あるので触ってもいいですが、
215G(410G、610G)までに前兆か屋上ステージに移行しなければ素早く捨てて下さい。
モードBがほぼ確定しますので。

----------sponsored link----------


モードAなら200Gを超えたあたりから前兆か屋上ステージに移行します。様々な展開がありますが、止めどきは簡単です。232G以降に河川敷Sでなおかつ非前兆中を確認すれば止めでOKです。何故なら雑誌によると200G台はほぼ263Gまでに解除するそうです。G数解除の前兆は32Gで、それより短い前兆は存在しないので232G以降に前兆状態を抜ければ種無しがほぼ確定します。260G台まで追っている人も沢山いますが、レア小役を引いたとき以外は無駄銭となります。

ボーナス当選後

天国期待度が高ければ96GまでのG数解除がフォロー出来る「65G以降前兆抜け」まで必ず回して下さい。天国期待度が低い時は「即ヤメ」もしくは64GまでのG数解除がフォロー出来る「33G以降前兆抜け」で止めて下さい。
某雑誌には即ヤメが有効と書いていますが、私はどちらでも大差ないと思います。ちなみに注意しないといけないのは即ヤメと言ってもベルこぼしから1Gか2Gは様子を見ないといけません。実践上ベルこぼし後1G目から前兆が始まれば相当アツいです(確定ではありません)。頂ラッシュが32Gより短いG数で来る事もあります。何故そうなるかは解りませんが実際起こっている以上頂ラッシュは潜伏する可能性も考えられます。
とにかく即ヤメする際にベルこぼしから1Gか2Gは回して非前兆中をしっかり確認して下さい。

それと天国期待度の推測要因ですが、
番長ボーナスなら操BIGのPKルーレットでモードを推測します。
バーを狙った後なら出てくる登場人物で判断します。
番長2打ちには当たり前の話ですよね。
ただモード狙いだけをするなら覚える事は簡単です。
・操の左足(3番目に装着)が赤ならば即ヤメOK
・それ以外なら65G非前兆状態まで打つ
配列なんて覚えなくても構いません。
バーは
・舎弟以下なら即ヤメOK
・マチコ先生以上なら65G非前兆状態まで打つ
薫先生なら判断が難しいです。私は教室ステージ以上なら「33G以降前兆抜け」まで打ちます。あと言うのを忘れてましたが、ボーナス終了後に屋上ステージや夜ステージなら即ヤメ厳禁です。これも当たり前の話ですが。

最後にもう一度言いますが雑誌のデーターはG数で区切ったデータです。
しかし実践上は演出を見て早めに見切る事も出来ますし、深く押す事も出来ます。その違いを知らない人が番長2のゾーン狙いを諦めるのでしょう。番長2に稼動がある店を選べばまだまだゾーン狙いを出来ます。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ