「設定1でも機械割が100%以上ある」と言われて話題騒然のマクラ大戦3ですが、色々な情報が錯綜している状態です。どのギャンブルでも情報戦は大事ですが、慌てるとろくな事にならないのでじっくり冷静に考えましょう。

 まずは色々な情報が錯綜している状態なので「信頼出来る情報、信頼出来ない情報」をきちんと分ける必要があります。スロットの場合「機械の開発元やホールや関係者が持っている情報」>>>「我々一般人が知っている情報」と考えて差し支えありません。ゆえに信頼出来る情報は「シマごと閉鎖した店と稼働を続けている店とがある」という事実です。最近で言えば鬼浜事件みたいにゴト情報は1日で隅々まで広がるような業界ですから、店による対応の違いは大きな意味を持つはずです。

 まず、設定1を普通に打つだけで機械割100%を超えるという噂はほぼ嘘だと思います。それだと使うホールは0になるはずです。もし検定を通過したのもと違うプログラムである事が判明すれば、即刻遊戯停止処分が下るはずですし。稼働している台は正常かつきちんと回収出来るモノである事は間違いないでしょう。噂に踊らされて何も考えずにサクラ大戦3を打ちに行くのは止めておく事をオススメします。

 次に攻略方存在説についてですが、エウレカの後継機だけに穴は無いと思います。少なくてもネットに書かれているレベルの攻略法は通じないでしょう。例えば「ART準備中第一右ナビチェリー時にわざと外す」というという説もありますが、「エウレカ高確存続打法」のようにわざとナビを無視する方法がプレーヤーに知れ渡っているだけに、サクラ大戦3もナビ無視に関して色々想定しているはずです。おそらくBIG中のレア役外しは効果あると思いますが、リンかけを見ても分けるように劇的な効果には至らないはず。

 個人的に考えついた結論は「生産ロットによるバグ」です。 つまり生産時期によって問題が出たり出なかったりするという意味です。稼働停止しているホールは「利益が取れないから停止」ではなく「出玉に直結するバグがあって営業を続けるとお上にしょっ引かれる」という事情だと思います。もし「利益が取れないから停止」するくらいなら「サクラ大戦オール高設定」とガセイベントを打ってしばらく様子を見るはずです。

----------sponsored link----------


 まあ真偽のほどはよく分かりませんが、打つ打たないはプレーヤーの自由です。私が住む地域はどの店のサクラ大戦も連日満席でスランプグラフを見る限りしっかり回収されています。私は「サクラ大戦3は触らない方がいい」という結論に行き着きました。という事で最近はカンフー大戦と戯れています。皆さんも自分の目でサクラ大戦のシマの様子やスランプグラフを見てから判断して下さい。それが正しい情報なのですから。

 いかがでしたでしょうか。緑ドンのバグの騒動しかり今回の騒動しかりで色々な見解が出ています。個人的にはギャンブルとは喰うか喰われるかの化かし合いなのだから、どんな事があっても客が文句言うのはおかしいと思っています。4号機以前の裏物時代を打ちぬいてきた方々もそう思っているのではないでしょうか。
 しかし、その一方ギャンブルの胴元には信用というファクターが重要です。ペニーオークションなんて信用が無いギャンブルの典型的な事例です。私が近年パチスロを打っているのはレバーオンによる完全確率抽選でなおかつメーカーから流れてくる解析がほぼ信用出来るからです。一方4号機以前の裏物全盛時代には「店に行っても殺られるだけ」と感じてほとんど行きませんでした。今のパチンコ・パチスロの信用度は宝くじや競馬といった公営ギャンブルレベルに近づきつつあります。客は安心して勝負出来るようになりました。この一連の騒動はその信用を失う契機になりかねません。メーカーの対応を見ていると「メーカーとってお客様はホールであって、打つ客についてはギャンブルなのだから自己責任」という姿勢が見え隠れします。しかしそれは原理原則論であって打つ客の信用を獲ないと他のギャンブルとの競争に負けてしまうという事をもっと意識して欲しいと思います。

追記:さっき述べた事と逆の事を言うわけではありませんが、メーカーから流れてくる解析を100%鵜呑みにしてはいけないですし、レバーオンによる完全確率抽選もあくまで理論上のモノで実際は違うと私は考えています(確証が無いので今はお話出来ません)。