ジャパン・オータムインターナショナル

 少し遅れましたがジャパンカップダートの振り返りを。
 ダートのG1は全く持って苦手ですが、私の買い目はサクセスブロッケン、パチンコドライブの1点勝負で全くスッテンテンの買い目でした。レースは前日の競馬予想TVで水上さんが言ってた通り瞬発力比べのレースとなりました。小回りでちゃんとしたアメリカ馬がいるので、ある程度厳しい競馬になると競馬かと思ったのですが・・・。先行したティンカップチャリスが右に回ってくれずにフラフラ走ったので「触らぬ神に祟りなし」と周りが手控えた結果だと思います。
 実質の勝負は4コーナーを回って来てからの上がり勝負とG1らしくない展開に。よくある道中が緩んでの上がり勝負なら外を回す距離損より内側で馬群突破するロスタイムの方が大きいためカネヒキリの位置取りは致命傷になるのです。結局はティンカップチャリスが外に寄れる事を想定して4コーナーまでみんな待機して、更に案の定外に膨れてカネヒキリの進路を作ちゃいました。右回りの経験が無いティンカップチャリスの動きを想定してルメールが乗っていたらお見事ですし、そうでなければ誰も捲くらなくてラッキーだったと言わざるを得ません。
 ヴァーミリアンは想定通りの着順でした。岩田騎手は先週のウオッカの反省を十分した結果あのような騎乗になったのでしょう。3着でしたがいい騎乗だったと思います。捲くり王メイショウトウコンに外から被されてスピードが乗せられなかったのが敗因だと思います。
 
 JRAは「ジャパン・オータムインターナショナル」と銘打って国際展開をしようとしましたが、結局はデムーロとルメールにオイシイ思いをさせただけですね。正直遠征してくる外国馬の質はドンドン落ちて来ているわけですから馬券を買う方はツマラナイです。早急に手を打つべきだと思います。
 外国馬が来ない理由は来ても勝てないからです。日本馬が強くなったからというのもありますが、それだけでは無く外国馬には輸送のハンデや検疫の問題があります。特に問題なのは検疫でしょう。正直競馬学校がどのような施設かは知りませんが、そのような名前の場所で一旦隔離されるわけですから遠征する側としてはいい印象を持たないでしょう。殿下も納得するような検疫隔離施設を作ってみてはどうかと思います。
 中京競馬場を広くする工事なんかに金をかけなくていいです。ヨーロッパの芝やアメリカのダートを模したコースを作ったほうがまだいいです。そこで国際レースをすれば、外国馬も集まるのではないでしょうか。

 もっと革新的な提案をするとジャパンカップを海外で開催するのはどうでしょうか。最初はシャティン競馬場で日本代表対香港代表とやって、最終的には欧州・米国開催をするのです。実際に開催するのには多くの問題があると思いますが、これなら今までのジャパンカップよりもはるかに馬券的に魅力なレースになると思います。

 何かフラフラとした文章になってしまいました。今日の中京開幕日に全ての勢力を傾けて今放心状態だからです。正直中京最終で「マンチェスターユナイテッドが来日しているからロックオブジブラルタル産駒だろ」とロックバルーンなんてふざけた馬券も買ってしまいましたが。という事で明日の阪神JFなんてどうでもいいです。正直リーチザクラウンはそんなに強く無いと思いますのでブエナビスタが抜けているようには思っていません。でもスーパー安藤さんは抑えるというのはマイルールなので切れないのが情けない。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ