ジャパンカップ2013の振り返り

前回のお茶濁し記事でJCの展望を載せていましたが、
【誰も気づいていない】ジャパンカップに強い外国馬を集めるためJRAがすべき事

「ジェンティルドンナの仕上がりよりゴールドシップの仕上がりの方をよく見とけよ」というオチでした。前走京都大賞典もトライアルなのに下り坂で手綱を押さないといけないような手応えだったので少し気にはなっていました。今回も内田騎手が手綱を緩めても全くウンともスンとも言いません。いちおう800メートルから急激にラップが上がりましたが、G1クラスの馬であのドスローなら瞬発力のタイプのジェンティルやデニムアンドルビーでもギリギリ凌ぎました。馬場は外伸びでトップスピードを求められた状態を加味すればジェンティルドンナは着差以上に強かったと思います。ジェンティルドンナは有馬回避だそうですが、有馬に出てきてもソコソコ勝負にはなったかと思います。

ゴールドシップは乗り方云々以前に馬自体がかなりの問題を抱えていそうです。馬が走る気を見せなくての凡走は手の打ちようがありません。有馬ではおそらく買わないと思います。エイシンフラッシュは今回はまともに競馬をしていません。まともな競馬をしていても3着~4着が限界の流れでした。有馬ではゴールドシップやオルフェの捲りが遅くなればチャンス十分だと思います。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ