ジャパンカップダート振り返り

1年のG1の中では予想が最も難しいレースがJCDだと思います。JCDで最も求められるのが何と言っても加速力です。G1の流れで追走して4コーナーから更に加速が求められます。そして坂も凌ぎきらなければいけないので、基本は内で足をためた馬が有利なのです。

しかし、今回はあのメンバーにしては緩かったので3コーナー手前から差を詰めていた外差し馬が届いた形になりました。個人的な馬券は「ホッコータルマエが差される」流れを勝手に想定していたのでローマンレジェンドとワンダーアキュート2頭軸から差し馬総流しにしていたのですが、ローマンレジェンドは全く走れる状況になかったようです。ちゃんと仕上がっていれば差し切っていた流れだったのですがねえ。あと3歳勢が全く相手にならなかったのも印象的でした。このJCD特有の流れは3歳馬には経験がないのでいくら斤量が軽くても軽視するのですが、いくら何でも負けすぎです。ダート戦線もエスポやワンダーアキュートがまだまだ元気です。ステイヤーズステークスではトウカイトリックが馬券になってましたし。若駒も頑張らないといつまでたっても競艇名人戦状態です。

----------sponsored link----------

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ